Book Lounge
2019.9.26

#002 アフターデジタル―オフラインのない時代に生き残る
藤井 保文(著)、尾原 和啓(著)

img_bl_001.jpg

タイトルが格好いい本がある。本書がまさにそれだ。

『ビーイング・デジタル』や『ビフォア・アンド・アフターサイエンス』などを連想させる。
しかも、題名だけである程度内容も想像できてしまう。
だったら、読まなくてもよいか、というとそれはもったいなさ過ぎる。
ぜひ読むべきだ。

僕も半分まで読んだ(笑)。半分まで読んだところで、大体何が書いてあるかわかったからだ。
(なんと傲慢な!)
だけど、著者の藤井さんとお会いしてから、後半も読んだ。藤井さんのお話がおもしろくて、全部読んでみたくなったのだ。本書には、これからの社会やビジネスを考えていくうえで有益なヒントが惜しげもなく示されている。すばらしい本だ。
(藤井さん、ありがとうございます)
本書の基本コンセプトは、ビフォアデジタルからアフターデジタルへの「視点の転換」である。これは、天動説から地動説への転換のようなもので、視点を変えることで世界の見方が一変し、そのことが以後、私たちの生活や社会を変えていく。視点が変わると何が変わるのか。例えば、オフラインの、リアルの意味が変わる。私たちの身近でいうと、店舗や人の接客の意味が変わる。合わせて、オンラインの意味も変わる。オンラインで得られるデータの質と量が加速度的に変化し、ビッグデータ化することによって、データが私たちの生活や社会におよぼす影響力が変わってくる。したがって、何のためにデータを収集し、何のために活用するのか、という目的が、データを収集すること以上に重要になってくる。詳しくは本書を読んでいただくしかない。とてもここで紹介できる範囲を超えているからだ。できれば、マーカーを引いたりしながら2回以上読むと良いかもしれない。なぜなら

「視点の転換」というのは、大事件であり、そのコンセプトを理解するだけでなく、実践しなければ意味がないからだ。

実際に自分の視点を転換して、世界の見方を変え、新しい世界を生きること、さらには、新しい世界をつくっていくことが求められる。これまで当たり前だと思っていたことをすべて見直し、再定義し、そこからつくり直さなければならない。そのためには、本書との対話だけでなく、自分自身との対話が欠かせないだろう。視点を変えると、自分にとってAの意味は、役割はどう変わるだろうか、どのように再定義されるか、そこからどのような価値が生み出せるのか。そういったことを自分に引きつけて、一つひとつ自問自答してみる。そのようなエクササイズをすることが本書の読み方だと思う。読書会も有効かもしれない。参加者それぞれが自問自答したことを持ち寄り、対話することで、自分一人では気づけなかったことに気づけたり、視野が広がったりする可能性がある。本書の読み方は、書いてあることを理解することではなく、実践することにある。自問自答と対話を通じて実践し、私たちの生活や社会をより良いものに変えていくのだ。

ちなみに、著者の藤井さんと対話した時のエピソードを一つ。僕の興味は、このようなすばらしい本を書いた藤井さんとは、どんな人だろう、どんなバックグラウンドを持った人なのだろうというものだった。率直に聞いてみた。藤井さんは学生時代、哲学を学びながらミュージシャンをやっていたそうだ。哲学の素養がありそうなことは予想できたが、加えて音楽でしたか。そういえば、世界観を喚起するのは、まず音楽なのかもしれない。それを体系的に説明するのが哲学かも。もう一つおもしろかったのは、藤井さんがオフラインとオンラインの融合で実現する、スムーズで充実した体験をどのようなイメージで思い描いているのか、ということ。

「ドラクエのようなRPGの体験に近い感じ」

というのが、答えだった。そうか、そうだったのか!このひと言で、アフターデジタルのイメージ解像度がぐんと上がった。そういえば、AIの研究で有名な松尾豊先生も何かの例えでドラクエの話をしていた。アフターデジタルやAIの野望は、リアルの世界にドラクエを実現することだったのだ。

この記事に関するTweet

記事一覧

#010 未来を実装する―テクノロジーで社会を変革する4つの原則
テクノロジーを活用して社会課題の解決をめざす起業家や、企業の新規事業担当者にとって必携のハンドブック。

#009 ステイ・スモール 会社は「小さい」ほどうまくいく
コロナ禍で加速する大転換において、ビジネスに求められる「小さくあること」の重要性を説いてくれる一冊です。

#008 三位一体の経営
経営者と投資家の視点を持つ著者による、経営者・従業員・株主がみなで豊かになるための「三位一体の経営」とは。

#007 世界は贈与でできている――資本主義の「すきま」を埋める倫理学
コロナ禍で気づいた、日常に存在する無数の「贈与」。withコロナにおいて読まれるにふさわしい一冊です。

#006-2 現代経済学の直観的方法
暴走する資本主義を止める方法とは。経済社会の原理を明らかにし、未来につながる経済学を紐解きます。

#006-1 現代経済学の直観的方法
資本主義の本質をつかむ直感的方法と、これまでの常識を超える新しい社会のあり方について学べる経済書です。

#005 無形資産が経済を支配する—資本のない資本主義の正体
昨今のオープンイノベーション・ブームの理由とは?企業投資が無形資産へシフトする中、私たちに必要な視座を教えてくれます。

#004 次世代ガバメント―小さくて大きい政府のつくり方
小さい政府⇔大きい政府の二項対立を超えたその先にあるものは?デジタルとリアルが融合する時代、政府のあり方も変わります。

#003 D2C―「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略
ビジネスに革命をもたらす「D2C」とは?D2Cの本質に迫る完成度の高い入門書です。

#001 宇宙船地球号 操縦マニュアル
人類が直面する危機を前に「富=お金」ではないという大きな気づきを与えてくれます。

おすすめ記事

「インクルージョンフェス2021」をマルイ各店で開催しました!
今年のインクルージョンフェスは、店舗とオンラインにて開催!マルイ各店で行ったイベントの様子をご紹介します。

上場企業×スタートアップ企業が共に創る「来るべき未来」
(株)サムライインキュベート 坪田氏とピッチイベントを振り返り、協業がかなえる世界について語り合います。

「MARUI TOCLUS(マルイトクラス)吉祥寺」オープン!
「マルイと暮らす」新しいシェアハウス。コンセプトやサービス、施設の内容をご紹介します。

#010 未来を実装する―テクノロジーで社会を変革する4つの原則
テクノロジーを活用して社会課題の解決をめざす起業家や、企業の新規事業担当者にとって必携のハンドブック。

ジェンダーバイアスにとらわれず「個」が輝くために
フリージャーナリストの治部 れんげさんに、「性別役割分担意識」をテーマに寄稿いただきました。

#005 しあわせな未来のつくり方~中高生とお金を通して考えてみた~
将来世代である品川女子学院の生徒さんと、みんながしあわせな未来をつくるためのお金の使い方について話し合いました!

Withコロナの時代こそWell-beingが「しあわせ」をつくる(後編)
新しいしあわせの価値観について、Well-being研究の第一人者 石川氏と思考を巡らせます。

D2Cが切り開く未来
(株)Takram 佐々木氏、(株)FABRIC TOKYO森氏に、「D2Cの未来」について語っていただきました。

人生に当たりはずれはない、皆が大切にされるべき存在
児童養護施設出身者支援を行う「ACHAプロジェクト」代表の山本 昌子さんに、「愛をつなぐ」をテーマにお話を聞きました。

#009 ステイ・スモール 会社は「小さい」ほどうまくいく
コロナ禍で加速する大転換において、ビジネスに求められる「小さくあること」の重要性を説いてくれる一冊です。

#004【家事代行サービスで検証】あなたの家事を金額にしてみました!
毎日の家事は、金額にすると一体いくらになるのか?家事代行サービスを使って、家事の大変さや価値について考えます!

理想と現実のギャップを埋める―気持ちのいい社会の実現と挑戦
傘のシェアリングサービス「アイカサ」を展開する、丸川氏にお話しいただきました。