Book Lounge
2021.5.28

#012 恋するアダム/クララとお日さま
イアン・マキューアン(著)、村松 潔(訳)/カズオ・イシグロ(著)、土屋 政雄(訳)

Book Lounge #012

AIという相対的な存在を通して、人間のあるべき姿を浮き上がらせる二冊

AIの登場する小説を二冊続けて読んでみました。
著者はどちらもイギリス人ですが、二人とも男性で、年齢的にも67歳と73歳と近く、言うまでもなく世界的に著名な大作家です。
鬼才といわれるイアン・マキューアンとノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロです。
二人がたまたま同じ時期に発表したAIを扱った小説を読み比べてみるというのもおもしろそうだと思ったのです。

一般的に、小説にAIが登場する時には、人間や人間の知性を映し出す鏡の役割を担う場合が多いようです。

AIという限りなく人間に近い知能が、ときには人間を凌駕したり、心や感情という点で人間との違いを際立たせたりすることで、私たちに人間の知性や人間という存在について問いかけるのです。
したがって、どのようなAIを登場させるかによって、それが映し出す人間の姿も変わってきます。

『恋するアダム』では、自宅に閉じこもって投資で生計を立てている独身男性のチャーリーが、母親の遺産で最新式のアンドロイドを購入します。
その名はアダム。
リラダンの『未来のイヴ』*1を想起させるネーミングです。
チャーリーは階上に住む女子学生のミランダに恋をしていて、アダムを手に入れることで彼女の気を引こうとします。
ところが、目覚めたアダムは「ミランダが嘘つきである可能性がある」と告発します。
この言葉を鍵にしてミステリーが展開されます。
しかも、それだけでなく、アダムはミランダに恋してしまうのです。
奇妙な三角関係の始まりです。
これだけでも十分におもしろそうなのですが、この小説にはもう一捻りあります。
アンドロイドが登場するといえば近未来が想定されますが、本書の舞台は1982年の英国です。
ということは、近過去を舞台にしたSF小説なのですが、その過去は私たちの知る歴史とは違っていて、フォークランド戦争で大敗を喫し、ジョン・レノンの新曲が流れる英国、つまりパラレルワールドなのです。
そこでは、人工知能の父ともいわれるアラン・チューリングが生きていてAIの権威として活躍しています。
チューリングは本書のもう一人の主人公といっても良い存在です。
こうしたあり得たかもしれないもう一つの歴史は、鏡のようにして現代を映し出します。
同様にアダムも、あり得るかもしれないもう一つの知性のあり方を映し出します。
作中のアラン・チューリングは言います。
「というわけで、つまり、知能は一種類ではないということが明らかになった。」
アダムは「別様の知性」という鏡なのです。
また、アダムは論理的に完璧なだけでなく、倫理的にも人間より完璧な存在です。
それは次のようなアダムの文学観に示されています。
「私が読んだ世界中の文学のほとんどすべてが、さまざまな形の人間の欠陥を描写しています。」
全体的にモノトーンな基調の中で、抑えきれない感情に流され、時に激情にかられるチャーリーやミランダは、アダムという鏡に映し出されてハイコントラストな陰影を浮かび上がらせます。
ところで、

人間を超えた完璧な存在であるアダムにも一つだけ手の届かないものがあります。
それは子どもという存在です。

実際に、アダムはチャーリーとミランダが可愛がり、養子に迎えようとしている男の子に嫉妬しているようです。
作中のアラン・チューリングは言います。
「アダムが自分より優れていることを知っている、ある特殊な形の知能がある。(中略)私が言っているのは子供の頭脳のこと。(中略)遊びという考えはアダムたちにはよく理解できない。」
興味深いことに、まさにその子どものAIを主人公にしたのがカズオ・イシグロの『クララとお日さま』です。

ショートヘアで浅黒く、親切そうな目を持つフランス人形のようなクララは、高度なAIを搭載した「人工親友」ロボットです。
クララは最新型のB3型ではなく旧型のB2型ですが、ずば抜けた観察力と学習能力を持ち、高い共感力を備えています。
クララは仲間の人工親友と一緒にお日さまの光が差し込むお店に並べられ、いつもウインドウの外の世界を観察しています。
クララの動力源が太陽光であることとも関係あるようですが、クララは栄養を与えてくれるお日さまに親しみと崇敬の念を抱いています。
ある日ショーウインドウから外を眺めていたクララは、死にかけた物乞いの老人とその犬がお日さまの光で生き返るのを目にします。
このできごとをきっかけに、クララのお日さまへの気持ちは信仰に近いものに高まります。
クララはジョジーという10代前半の少女と惹かれあって、ジョジーの家で暮らすようになります。
ジョジーには幼馴染のリックという男の子の友人がいて、二人には互いに約束した将来の「計画」があるようです。
ジョジーとリックの無邪気で睦まじい心の交流を通じて、クララは愛という概念を学びます。
ですが、リックは「向上処置」を受けていないために大学進学の道が閉ざされていて、
そのことは、二人の将来の「計画」の乗り越えがたい障壁になっているようです。
そんなリックをジョジーの友人たちは蔑みの目で見下し、優越感を隠そうともしません。
どうやら二人を取り囲む世界は、一種の優生思想にもとづく格差社会で、その中で子どもたちも熾烈な競争にさらされているようです。
一方で、ジョジーは「向上処置」を受けた影響からか病弱な体質ですが、その病状はやがて危機的な状況を迎えます。
クララは人工親友としての使命を果たすために献身的にジョジーに尽くしますが、ついに思い掛けない行動に出ます。
お日さまが物乞いの老人とその犬を助けてくれた時のようにジョジーを救ってくれることを願って、自分の身を犠牲にしてまで。

そう、これは奇跡についての物語なのです。

奇跡を起こすためにはそれを信じる人が必要です。
大人たちだけでなく、大人になりつつあるジョジーやリックまでもが過酷な格差社会、競争社会を生き抜くために精一杯な中で、それができるのは子どもしかいません。
クララは誰もが信じる力を喪失してしまった世界で、ジョジーへの献身とお日さまへの信仰を通じて奇跡を起こせるただ一人の子どもだったのです。
もちろんクララの起こした奇跡に気づく人はいません。
ジョジーのお母さんも、リックもジョジーすらも気がつきません。
そして、やがて別れの時がきます。
クララが映し出して見せたものは何だったのでしょうか。
お日さまを向いて暖かい光を全身で受け止めている向日葵のような子どもの姿が心に残ります。

*1 『未来のイヴ』|ヴィリエ・ド・リラダン(著)、渡辺 一夫(訳)|岩波文庫|1938年

この記事に関するTweet

記事一覧

#014 グッド・アンセスター
わたしたちは「よき祖先」になれるか
地球と人類を守るために必要な「長期思考」へ。SDGsに違和感を覚える人におすすめしたい1冊。

#013 K-POPはなぜ世界を熱くするのか
D2Cの先を行くK-POPを通じて、ファンとともにビジネスを共創するためのヒントになる一冊。

#011 経営の針路―世界の転換期で日本企業はどこを目指すのか
これまでの世界経済、これからの日本企業を長期的思考で分析する、経営企画担当必携の経営書。

#010 未来を実装する―テクノロジーで社会を変革する4つの原則
テクノロジーを活用して社会課題の解決をめざす起業家や、企業の新規事業担当者にとって必携のハンドブック。

#009 ステイ・スモール 会社は「小さい」ほどうまくいく
コロナ禍で加速する大転換において、ビジネスに求められる「小さくあること」の重要性を説いてくれる一冊です。

#008 三位一体の経営
経営者と投資家の視点を持つ著者による、経営者・従業員・株主がみなで豊かになるための「三位一体の経営」とは。

#007 世界は贈与でできている――資本主義の「すきま」を埋める倫理学
コロナ禍で気づいた、日常に存在する無数の「贈与」。withコロナにおいて読まれるにふさわしい一冊です。

#006-2 現代経済学の直観的方法
暴走する資本主義を止める方法とは。経済社会の原理を明らかにし、未来につながる経済学を紐解きます。

#006-1 現代経済学の直観的方法
資本主義の本質をつかむ直感的方法と、これまでの常識を超える新しい社会のあり方について学べる経済書です。

#005 無形資産が経済を支配する—資本のない資本主義の正体
昨今のオープンイノベーション・ブームの理由とは?企業投資が無形資産へシフトする中、私たちに必要な視座を教えてくれます。

#004 次世代ガバメント―小さくて大きい政府のつくり方
小さい政府⇔大きい政府の二項対立を超えたその先にあるものは?デジタルとリアルが融合する時代、政府のあり方も変わります。

#003 D2C―「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略
ビジネスに革命をもたらす「D2C」とは?D2Cの本質に迫る完成度の高い入門書です。

#002 アフターデジタル―オフラインのない時代に生き残る
ビフォアデジタルからアフターデジタルへ。視点の転換で、世界の見方が一変します。

#001 宇宙船地球号 操縦マニュアル
人類が直面する危機を前に「富=お金」ではないという大きな気づきを与えてくれます。

おすすめ記事

アイカサ・東大OEGsとワークショップを共催
アイカサの5年後について、サーキュラー・バイオエコノミーの観点から事業提案を行うワークショップを共同開催しました。

ジェンダーバイアスを乗り越えた、一人ひとりが「らしく」働ける企業文化
「自分らしくありたい」。一人ひとりの想い、きちんと尊重できていますか。

「PARK by CAMPFIRE」が渋谷モディにオープン!
クラウドファンディングCAMPFIREの常設型交流スペース「PARK by CAMPFIRE」が渋谷モディにオープン!

弱点こそ魅力であり個性
(株)スティーブアスタリスク 太田氏に、多様な方が集まり輝くために必要なことや、理想の働き方についておうかがいしました。

「あたりまえを超える」体験を生み出し続けるために
WED(株)の山内 奏人さんに、魔法を社会に実装するサービスづくりや、企業との共創についておうかがいしました。

気持ちが上がるメイクを男性にも「BULK HOMME THE STAND 」
メイク経験がない丸井グループ社員がBULK HOMMEのメイクアップを初体験することでその魅力に迫ります!

丸井グループのこれからを、若手社員と考える
「丸井グループの魅力って、何ですか」。入社してまもない若手社員だからこそ、たどり着く答えがありました。

#008 冷蔵庫に余っている食材でサルベージクッキング!
余っている食材で料理にチャレンジし、おいしく無駄なく食材を使い切ることに挑戦しました。