Book Lounge
2022.3.5

#015 NFTの教科書
ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来
天羽健介(著)、増田雅史(著)

Book Lounge #015

―今回から「本と対話」は対談形式に変わるんですか?

はい、試しに変えてみようと思います。
これまでは書評形式で書いていたんですが、文章を書いていると私の場合には、ついつい書き直しとか書き足しがしたくなって、いつまでたっても書き終わらないんです。そうなると、困ったことになってしまいまして。というのも、この「Book Lounge 本と対話」という企画は社内の図書館と連動していて、ここで紹介された本が図書館に一冊ずつ追加されていく仕組みになっているんです。つまり、本の紹介が遅れるといつまでたってもタイトルが増えないんですね。

―対談形式ではかどるといいですね。
ところで、今回取り上げるのは『NFTの教科書』です。
NFTは去年、すごく話題になりましたね。Twitterの創業者ジャック・ドーシー氏の初ツイートが約3億円で落札されたとか。アートの世界でもNFTアートが現れたり、ファッションの世界でもデジタルのスニーカーが販売されたりしました。

そうですね。本書も昨年の年末くらいに出版されています。これまで、NFT関連の情報はもっぱらネットを中心に流通していたので、初めての本格的な書籍だと思います。
昨年はメタバースも話題になりましたが、本書はNFTをテーマとしつつも、関連するメタバースや暗号通貨、DAOなどについても解説していて、Web3.0といわれる、次に来る世界の全体像を概観することができます。
とはいえ、あくまでも大まかな知識が得られるだけで、NFTを本当に理解するためには、自分でNFTを購入してみることが一番だとされています。初めての人にもわかりやすく購入手順を教えてくれるセクションもあります。
私も早速NFTを購入したり、DAOに参加したりしてみました。

―DAOというのは何ですか?

DAOはブロックチェーン上で展開されるプロジェクトのようなもので、特定のプロジェクトに参加したい人たちがトークンを購入することで参加できます。社長や管理者のような人はいなくて、参加者がそれぞれのできることを通じてプロジェクトに貢献することで、報酬も得られるコミュニティのようです。まだ、参加したばかりでよくわかりませんが、コミュニティの中ではさまざまな活動や情報交換が行われていて、Web3.0の世界が急に身近になったような気がしています。

―おもしろそうですね。
NFTとかWeb3.0の世界は知識として学ぶだけではなくて、実際にその世界に参加して体験してみた方が良いということですね。

そうだと思います。そのことは本書が特に強調していることでもありますが、Web3.0にかかわっている人たちは皆さんそう言います。アナロジー的に理解しようとしてもわからない世界なので、ゲームでもアートでもスポーツでもいいから、とにかく自分でNFTを購入して、その世界に触れてみた方が良いと。

―なるほど。それ以外にはどんなところがおもしろかったですか?

本書は30人ほどの専門家がオールスターで執筆したものを編集していて、そのつくり方自体がDAO的でおもしろいのですが、個人的には、神本 侑季さんという方の書かれたセクションが興味深かったです。
神本さんは、「有形資産から無形資産へ」という、このコラムでも以前に取り上げたことのある世界経済の新たなトレンドの中でNFTを捉えています。(「本と対話#005『無形資産が経済を支配する』」)
その潮流の中でNFTは「無形資産のイノベーション」として新たな価値を創出していく、という見方ですが、そこで注目されるのがNFTの実現する新たなファイナンシャル・インクルージョンの可能性です。少し長くなりますが、本書から引用します。

ベトナムのSky Mavis(スカイ・メイビス)が開発した「Axie Infinity(アクシィインフィニティ)」は、イーサリアムブロックチェーンを使った分散型アプリ(Dapp)です。プレイヤーはAxieと呼ばれるかわいいデジタルの生き物を繁殖、飼育し、戦わせ、NFT化されたAxieを取引し、ゲーム内通貨を換金することで収入を得るというもので、コロナ禍のフィリピン経済を支えています。成人のわずか23%しか銀行口座を持っていないフィリピンでは、スマートフォンやPCを通したこのブロックチェーンゲームが、どんな政策よりも金融包摂の機能を果たしているという事実は特筆すべき事象でしょう。

―ゲームで収入が得られるなんてすごいですね!

「Play-to-Earn」というそうです。
これを取材した動画をYouTubeで見つけましたので、よかったらご覧ください。(プレイ・トゥ・アーン|フィリピンNFTゲーミング|サブタイトル)

神本さんは、このようなNFTによる金融包摂は日本においても特有の仕方で可能性があるのではないかと言います。
この部分がすごくおもしろいので、引用させていただきます。

日本では、「貯蓄から投資へ」というスローガンが掲げられるようになってしばらく経ちますが、その流れは遅く、日本人の家計金融資産は、依然として「投資」よりも「現金」や「預金」が主です。
デジタル資産でおもしろいのは、金融的な価値と、そのトークン自体が用途を持つユーティリティ要素が、一緒に設計できることです。たとえば、前述のAxie Infinityが発行しているAXSは、暗号通貨でありながら、ゲーム内通貨という用途も持っています。
NFTは、より感情的で、個々人の趣味を反映するものとして、それを補足するような機能を果たすかもしれません。たとえば、最初に紹介したHashmasksなどは、初めて証券口座を開設して難しいリターン予測や投資目論見書を読み解いて金融商品を買うよりも、気に入ったデジタルアートを購入しリターンを得るという体験が、金融リテラシーの低い日本人が金融取引に関心を寄せるきっかけになるかもしれません。

―「貯蓄から投資へ」がなかなか進まない理由として、投資が「怖い」「わかりにくい」「お金がない」の3つがハードルになっていると言われています。コロナ禍で積み立てNISAを始めた若者が増えてきているようですが、依然として投資のハードルが高いのも事実です。
NFTを活用したゲームやアートが、よりハードルの低い投資への入り口になったらいいですね。

リープフロッグ*という言葉がありますが、個人の投資、家計の金融資産形成がこれほどまでに遅れてしまっている日本の事情を考慮すると、後から登場したNFTを活用した投資の方がカエル飛びのように一気に飛躍して、伝統的な株式投資を凌駕してしまうこともあり得るかもしれません。
特に、日本はゲームやアニメといったNFTと相性の良いコンテンツが充実した「コンテンツ大国」で、推し活も盛んなので、一人ひとりの「好き」、「推し」と「投資」の両方を兼ね備えたNFTによる資産形成というファイナンシャル・インクルージョンが、近い未来には主流なるかもしれません。

* リープフロッグ:既存の社会インフラが整備されていない新興国において、新しいサービスなどが、先進国が歩んできた技術進展を飛び越えて一気に広まること

―「推し活」が投資や資産形成と両立する。そんな世界が実現したら良いですね。

  • NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来
  • 天羽健介(著)、増田雅史(著)朝日新聞出版2021/10/20
  • Amazonで購入楽天ブックスで購入

記事一覧

#014 グッド・アンセスター
わたしたちは「よき祖先」になれるか
地球と人類を守るために必要な「長期思考」へ。SDGsに違和感を覚える人におすすめしたい1冊。

#013 K-POPはなぜ世界を熱くするのか
D2Cの先を行くK-POPを通じて、ファンとともにビジネスを共創するためのヒントになる一冊。

#012 恋するアダム/クララとお日さま
「AI」という題材を通して、人間のあるべき姿を映し出す二冊の小説をご紹介します。

#011 経営の針路―世界の転換期で日本企業はどこを目指すのか
これまでの世界経済、これからの日本企業を長期的思考で分析する、経営企画担当必携の経営書。

#010 未来を実装する―テクノロジーで社会を変革する4つの原則
テクノロジーを活用して社会課題の解決をめざす起業家や、企業の新規事業担当者にとって必携のハンドブック。

#009 ステイ・スモール 会社は「小さい」ほどうまくいく
コロナ禍で加速する大転換において、ビジネスに求められる「小さくあること」の重要性を説いてくれる一冊です。

#008 三位一体の経営
経営者と投資家の視点を持つ著者による、経営者・従業員・株主がみなで豊かになるための「三位一体の経営」とは。

#007 世界は贈与でできている――資本主義の「すきま」を埋める倫理学
コロナ禍で気づいた、日常に存在する無数の「贈与」。withコロナにおいて読まれるにふさわしい一冊です。

#006-2 現代経済学の直観的方法
暴走する資本主義を止める方法とは。経済社会の原理を明らかにし、未来につながる経済学を紐解きます。

#006-1 現代経済学の直観的方法
資本主義の本質をつかむ直感的方法と、これまでの常識を超える新しい社会のあり方について学べる経済書です。

#005 無形資産が経済を支配する—資本のない資本主義の正体
昨今のオープンイノベーション・ブームの理由とは?企業投資が無形資産へシフトする中、私たちに必要な視座を教えてくれます。

#004 次世代ガバメント―小さくて大きい政府のつくり方
小さい政府⇔大きい政府の二項対立を超えたその先にあるものは?デジタルとリアルが融合する時代、政府のあり方も変わります。

#003 D2C―「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略
ビジネスに革命をもたらす「D2C」とは?D2Cの本質に迫る完成度の高い入門書です。

#002 アフターデジタル―オフラインのない時代に生き残る
ビフォアデジタルからアフターデジタルへ。視点の転換で、世界の見方が一変します。

#001 宇宙船地球号 操縦マニュアル
人類が直面する危機を前に「富=お金」ではないという大きな気づきを与えてくれます。

おすすめ記事

tsumiki証券、手挙げでCOOが誕生!
tsumiki証券のCOOが手挙げで決定!?CEOとCOOにインタビューしてみました!

学生で「起業」という選択肢を選んだワケ
学生でありながら、「起業」という道を選んだ理由は何なのか?起業をめざす「YOMY!」の3人に聞きました。

教育を通じて境界線を溶かしたい
平原依文さんに、「教育を通じた境界線のない世界の実現」という想いを持つきっかけや挑戦したいことについてうかがいました。

誰にでも「ついついやっちゃうこと」はある。それが「才能」
才能とは何か。それを見つけるヒントとは。皆がしあわせになれる組織のあるべき姿を模索します。

仕事はなぜ「苦役」なのか 働く喜びを考える(2)
人が「苦役」だと感じる仕事は、余暇よりも没頭している"フロー"の時間が長い?根強いステレオタイプの前提を覆すには。

K-POP好きを仕事にする社員に密着取材!
好きを仕事にするSNS担当者に密着!普段は見られないお仕事の裏側や想いをご紹介します。

ピッチイベントからの協業!Soziさまのリアルイベント「Replay展」開催
イラストアプリ「pib」のリアルイベントをご紹介!Sozi CEO 宮村さんへのインタビューも行いました。

活動の原点となった「フロー理論」 働く喜びを考える(1)
仕事が忙しくても熱中できる人が体験している“フロー”とは?

自律的で個性が大切な時代に向けたソーシャルメディアの使い方
株式会社ガイアックスの代表(兼 取締役)を務める上田 祐司氏にソーシャルメディア の活用についてお聞きしました。

丸井グループ本社で働くスタッフのファッションチェック!
さまざまな仕事をしているスタッフのファッションのこだわりポイントをご紹介します。

「もう私やってられま川柳」結果発表!
「ジェンダーイクオリティ」について、身近な事例をもとに一緒に考える「もう私やってられま川柳」結果発表

睡眠不足は変革のボトルネック 適応的知性に影響する要素(1)
体の機能だけでなく、思考力なども低下させる危険性がある「睡眠不足」について、印象的な実話を語ります。

有楽町マルイの店長の仕事内容に密着!
出勤から退勤まで店長のお仕事内容をご紹介します。1日に密着して分かった“心構え”は必見です!

誰もが尊重され、多様な人が共存できる社会をめざして
訪問介護などを行う(株)土屋 代表取締役の高浜 敏之氏に、多様な社会を実現するポイントなどについておうかがいしました。

K-POPの発展を支えるファンダムの存在とは
『K-POPの発展を支えるファンダムの存在とは』の著書である田中 絵里菜氏に、ファンダムについてお聞きしました。

リサイクルを推進!12種類の分別ごみ箱「ecobo(エコボ)」
社員一人ひとりの環境やリサイクルに対する意識の向上をめざすために誕生した「ecobo」についてご紹介します。

【進化する物流倉庫の裏側】障がいのある方の雇用推進やロボットとの協業!
障がいのある方の雇用推進やロボットとの協業の物流倉庫の二つの側面をご紹介します。

【マルイあるある】丸井グループ社員の素の姿を大公開!
丸井グループの社員が日常でよく見かける「マルイあるある」をドラマ風に再現しました。役員の方も登場します!

【予算3,000円以内】人と地球に優しいおすすめプレゼント4選
5PM JournalのHirokoさんから、日ごろの感謝を伝えられるサステナブルなプレゼントを4つご紹介!

#008 冷蔵庫に余っている食材でサルベージクッキング!
余っている食材で料理にチャレンジし、おいしく無駄なく食材を使い切ることに挑戦しました。