2022.4.18

共創の取り組みを社員の働き方から紹介!~ファミリー溝口の駿河屋買取センターに潜入!~

丸井グループでは、実現したい未来に向けて3つのインパクトを定めています。
そのうちの一つが「共創のプラットフォームをつくる」です。これは、丸井グループだけでなく、私たちの想いに共感してくださる皆さまとの「共創」によって、めざす未来を実現することができるという考えからきています。今回は、この「共創のプラットフォーム」の一つである、マルイファミリー溝口の「駿河屋買取センター」に潜入し、社員の働き方に1日密着することで、共創の取り組みを紹介していきます!

◆エーツーさまと丸井グループの取り組み

丸井グループでは、2018年から駿河屋を運営する()エーツーさまと資本業務提携を結んでいます。その後、店舗出店や提携カードなど協業を進め、20217月には、今回取材したマルイファミリー溝口にオープンした「駿河屋買取センター」の運営を丸井グループへ委託(※1)していただき、取り組みが拡大しています。
また、2020年からは丸井グループでは共創チーム(※2)をつくり、共創の取り組みがさらにスピードアップして進むような体制を構築しています。

220414surugaya.jpg

※1:通常の店舗に入居するテナントさまのスタッフは、お取引先さまの社員の方が運営をしていますが、こちらのショップは、エーツーさまからショップの運営を委託され、丸井グループ社員とエーツーさまが雇用したアルバイトの方が一緒に働いています。

※2:共創チームは、投資先であるパートナー企業さまとの協業・オープンイノベーションを成功させるために、2020年度上半期に立ち上げられたチームです。2022年3月時点では24チーム、計212名の社員がグループ各社から参画し、各チームのリーダーを執行役員が務めることで実行までのスピードアップを図りつつ、共創の取り組みが「本業」そのものとして進める体制をつくっています。

◆共に働いているからこそ生まれた三方よしの提案

動画の中で紹介している、丸井グループの折り畳み式コンテナ(以下オリコン)を活用した三方よしのお取り組み。これは、今回密着しているコブさんともう一人の丸井グループ社員が、買取センターで働いている中での気づきから生まれた提案です!
もともとは、お客さまから買い取りをさせていただいたお品物は、静岡にある駿河屋の倉庫に梱包・送付するのですが、その際に段ボールを購入、梱包資材として使用し、送られてきた倉庫側では開封後にその段ボールは廃棄されていました。
これでは、経費的にももったいないうえに、廃棄の際に環境的にも負荷がかかっているということに課題を感じ、どうにか丸井グループの持っているアセットを活用して解決できないかと考えていました。そこで、「これまでマルイの店舗間の配送で活用をされていた赤いオリコン通称 赤オリを駿河屋さまとの配送に活用することで解決できるのでは?」と考え、今回の提案にいたりました。

この取り組みは、エーツーさまにとっては経費削減につながることに加え、廃棄物を減らすことで環境的にも良い影響が生まれます。さらに、丸井グループにとってはオリコンでの運搬をグループ会社であるムービングが受託することとなり、まさに三方よしの取り組みとなりました!

220414_2surugaya.jpg


現在この取り組みはマルイファミリー溝口でトライアル中ですが、ここにいたることができたのは、エーツーさまに出向している社員や、エーツーさまが丸井グループの理念に共感いただいているからこそ実現できたものです。

エーツーさまとのお取り組みはまだまだ始まったばかりです。今後も共により良い未来の実現に向けて取り組みを進めていきたいと思います!

この記事に関するTweet

記事一覧

K-POP好きを仕事にする社員に密着取材!
好きを仕事にするSNS担当者に密着!普段は見られないお仕事の裏側や想いをご紹介します。

【マルイあるある】第2弾 丸井グループ社内でよくあることを大公開!
好評だった「マルイあるある」をドラマ風に再現。今回は、4つのあるあるを紹介しています。

丸井グループ本社で働くスタッフのファッションチェック!
さまざまな仕事をしているスタッフのファッションのこだわりポイントをご紹介します。

新宿マルイ 本館の屋上庭園でリフレッシュ!
マルイに緑が溢れる屋上庭園があることはご存じですか?気軽にリフレッシュできる穴場スポットをご紹介します

有楽町マルイの店長の仕事内容に密着!
出勤から退勤まで店長のお仕事内容をご紹介します。1日に密着して分かった“心構え”は必見です!

リサイクルを推進!12種類の分別ごみ箱「ecobo(エコボ)」
社員一人ひとりの環境やリサイクルに対する意識の向上をめざすために誕生した「ecobo」についてご紹介します。

ヴィーガンチョコチップマフィンのつくり方レシピ
ヴィーガンマフィンの作り方を60秒で紹介しています。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【進化する物流倉庫の裏側】障がいのある方の雇用推進やロボットとの協業!
障がいのある方の雇用推進やロボットとの協業の物流倉庫の二つの側面をご紹介します。

海をきれいにする魔法のゴミ箱!?人とどっちが海をきれいにできるか勝負してみた!
海のゴミ箱「シービン」と人、どちらがより多くの海洋ゴミを集められるのか!?丸井グループ社員の岩ちゃんが調査してみます!

【マルイあるある】丸井グループ社員の素の姿を大公開!
丸井グループの社員が日常でよく見かける「マルイあるある」をドラマ風に再現しました。役員の方も登場します!

【BASE 鶴岡氏×丸井グループ 青井】デジタルの力が拓く「個のエンパワーメント」
「共創経営レポート2021」巻頭対談の内容を全公開。ビジネスを通じて実現したいことなど二人の熱い想いは必見です。

初めてのヴィーガンスイーツづくり
あこちゃん(7歳)とまーくん(5歳)が、卵や乳など動物性食材をしていないヴィーガンスイーツづくりを体験しました。

【予算3,000円以内】人と地球に優しいおすすめプレゼント4選
5PM JournalのHirokoさんから、日ごろの感謝を伝えられるサステナブルなプレゼントを4つご紹介!

#008 冷蔵庫に余っている食材でサルベージクッキング!
余っている食材で料理にチャレンジし、おいしく無駄なく食材を使い切ることに挑戦しました。

#007 自然エネルギー丸わかり!発電所に行ってみた!!~牧場ver.~(後編)
「自然エネルギー」ってどんな場所でつくられているの?みんな電力の皆さんと一緒に実際の発電所に行ってみました!

#006 自然エネルギー丸わかり!発電所に行ってみた!!~農園ver.~(前編)
「自然エネルギー」ってどんな場所でつくられているの?みんな電力の皆さんと一緒に実際の発電所に行ってみました!

#005 しあわせな未来のつくり方~中高生とお金を通して考えてみた~
将来世代である品川女子学院の生徒さんと、みんながしあわせな未来をつくるためのお金の使い方について話し合いました!

#004【家事代行サービスで検証】あなたの家事を金額にしてみました!
毎日の家事は、金額にすると一体いくらになるのか?家事代行サービスを使って、家事の大変さや価値について考えます!

#002 若手活動家を追う!【法政大学3年 山田さん編】
社会課題解決に取り組む「若手活動家」に突撃!採用課メンバーが、彼らの想いや活動内容に迫ります!

#001 【ソイミートで検証!】お肉を使わないお肉料理で人は騙せるのか!?
ソイミートを食べて、お肉ではないと気づくのか!?丸井グループの社員がお届けする、ドッキリ検証企画です!

おすすめ記事

tsumiki証券、手挙げでCOOが誕生!
tsumiki証券のCOOが手挙げで決定!?CEOとCOOにインタビューしてみました!

学生で「起業」という選択肢を選んだワケ
学生でありながら、「起業」という道を選んだ理由は何なのか?起業をめざす「YOMY!」の3人に聞きました。

教育を通じて境界線を溶かしたい
平原依文さんに、「教育を通じた境界線のない世界の実現」という想いを持つきっかけや挑戦したいことについてうかがいました。

誰にでも「ついついやっちゃうこと」はある。それが「才能」
才能とは何か。それを見つけるヒントとは。皆がしあわせになれる組織のあるべき姿を模索します。

仕事はなぜ「苦役」なのか 働く喜びを考える(2)
人が「苦役」だと感じる仕事は、余暇よりも没頭している"フロー"の時間が長い?根強いステレオタイプの前提を覆すには。

ピッチイベントからの協業!Soziさまのリアルイベント「Replay展」開催
イラストアプリ「pib」のリアルイベントをご紹介!Sozi CEO 宮村さんへのインタビューも行いました。

活動の原点となった「フロー理論」 働く喜びを考える(1)
仕事が忙しくても熱中できる人が体験している“フロー”とは?

自律的で個性が大切な時代に向けたソーシャルメディアの使い方
株式会社ガイアックスの代表(兼 取締役)を務める上田 祐司氏にソーシャルメディア の活用についてお聞きしました。

「もう私やってられま川柳」結果発表!
「ジェンダーイクオリティ」について、身近な事例をもとに一緒に考える「もう私やってられま川柳」結果発表

睡眠不足は変革のボトルネック 適応的知性に影響する要素(1)
体の機能だけでなく、思考力なども低下させる危険性がある「睡眠不足」について、印象的な実話を語ります。

誰もが尊重され、多様な人が共存できる社会をめざして
訪問介護などを行う(株)土屋 代表取締役の高浜 敏之氏に、多様な社会を実現するポイントなどについておうかがいしました。

K-POPの発展を支えるファンダムの存在とは
『K-POPの発展を支えるファンダムの存在とは』の著書である田中 絵里菜氏に、ファンダムについてお聞きしました。