Book Lounge
2021.4.26

#011 経営の針路―世界の転換期で日本企業はどこを目指すのか
平野 正雄(著)

Book Lounge #011

30年間の世界経済をひも解き、次の30年にやるべきことを示唆するビジネス書

先日、#010でご紹介した馬田 隆明氏の講演を聴く機会に恵まれました。
その中で馬田氏は、企業経営の進化について次のように述べていました。
"1990年頃までの企業経営の中心は事業戦略だった。
それが、1990年代以降には事業戦略と並んで資本政策が重要視されるようになった。
そして、今後は「インパクト」がこれらに加わる。"
つまり、
企業経営=事業戦略×資本政策×インパクト
ということです。
馬田氏の力点が「インパクト」にあることはもちろんですが、僕は「資本政策」という言葉に興味を惹かれました。
というのも、

企業経営=事業戦略×資本政策という簡潔な定義に、この10年ほどの間に経営を通じて経験してきたことが集約されているように感じたからです。

これに関しては、「平野 正雄氏の『経営の針路』を参考にしている」というコメントがあったので、早速読んでみました。

本書は2017年の出版ですから、少し前に書かれた本です。
ちなみに、2017年がどんな年だったかというと、米国でトランプ政権が誕生した年でした。
トランプ政権によって第二次大戦後の西欧を中心とした自由主義的な経済と国際協調体制が後退し、社会の分断傾向が加速することが懸念されていたころです。
こうした心配はその後現実のものとなったわけですが、バイデン政権への移行で、また新たな局面を迎えています。
加えて、トランプ氏の退任とほぼ同時に発生した新型コロナウイルスによるパンデミックで、世界は今大きな混乱の中にあります。
ですが、そうした変化にもかかわらず、本書はいささかも時代遅れになっていないどころか、
先の見えないパンデミックの只中だからこそ、その透徹した視座によって今後の経営の取るべき方向性をより明確に指し示しているように思います。
VUCA*と言われるほど変化の激しい今の時代に、どうしたらすぐに古びてしまうことのない視座を得ることができるのでしょうか。
著者は本書の目的を次のように語っています。
「1990年の冷戦の終結から今日までの約30年間に生じた劇的な経済秩序と企業経営の変化を俯瞰したうえで、現在を新たな経済秩序の転換期ととらえて、次の30年の企業経営を展望してみる」
これまでの30年を振り返ることで今後の30年を展望する、という時間軸の長さ、長期思考が透徹した視座の根底にあります。

* Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べた造語。先行きが不透明で、将来の予測が困難な状態を指す。

変化の激しい時代だからこそ長期的な思考が求められる、

ということをあらためて実感させられます。

さて、本書では1990年以降の世界経済をポスト冷戦のパラダイムとしてとらえ、その下で急激に進んだ変化をグローバル、キャピタル、デジタルという3つの視点から解き明かすことで、今後の経営の針路を考えるうえでの包括的な視座を提示しています。
冒頭で触れた「資本政策」はこの中のキャピタルについての解説の中に示されています。
詳細は省きますが、これを読むと経営を通じて実体験してきたさまざまな変化や困難の背景にあった世界的な潮流が理解できて、頭の中がすっきりと整理されます。
私たちは過去10年あまりにわたって、それまで馴染みのなかった企業価値というものと向き合って経営を進めてきました。
例えば、株主・投資家から「めざすべきバランスシート」を示すように求められてこれを提示したり、それに基づいて資本コストを算出したり、ROEの目標を掲げたりしてきました。
また、コーポレート・ガバナンスについて改革を求められ、取締役会の再設計や社外取締役の招聘なども行ってきました。
これらはもちろん、「伊藤レポート」やコーポレートガバナンスコードの導入などに促されたことでもあります。
しかしながら、こうした一連の改革の背景にどのような潮流、どのような構造的、本質的な変化があったのかは、無我夢中で進まざるを得なかった経営の当事者としては今ひとつ理解しきれませんでした。
それが、本書を読んだことですっきりと整理できました。
加えて、なぜM&Aが隆盛を誇るようになったのか、あるいはスタートアップへの投資を通じたオープンイノベーションが増えてきたのかについても、同じ文脈の中で理解できることがわかってきました。
そんな当たり前のことに今ごろ気づいたのかと言われると恥ずかしいのですが、当たり前のことの背景が大きな文脈の中で理解できるようになったことで良かったことは、

無我夢中でやってきたこれまでと比べて、より確信を持って取り組めるようになったこと、自信を持って今後の経営を考えられるようになったことです。

このことが本書に感謝したいことです。

もちろん、本書では資本政策だけでなくグローバル、デジタルについても詳しく論じられています。
特にデジタルに関しては、いわゆるデジタルの最前線にいる起業家や評論家の解説と違って、一歩引いたところから俯瞰して、経済秩序の本質的、構造的な転換を進めるものとして見つめる視点が、結果的にわかりやすさにつながっている点が秀逸です。
また、今後に向けた指針の中では、社会倫理性を経営に埋め込んでいくことで、格差が進み、分断が進みつつある社会からの信頼性を回復することが強調されています。
そして、そのことが多くのステークホルダーに配慮して調和のとれた発展を重んじてきた日本企業に今後期待されることである、と述べられています。
言うまでもなく、これは馬田氏が「事業戦略×資本政策×インパクト=企業経営」で主張していることと同じです。
経営者をはじめ中期経営計画の策定に携わる執行役員、経営企画部の方などにおすすめします。

この記事に関するTweet

記事一覧

#013 K-POPはなぜ世界を熱くするのか
D2Cの先を行くK-POPを通じて、ファンとともにビジネスを共創するためのヒントになる一冊。

#012 恋するアダム/クララとお日さま
「AI」という題材を通して、人間のあるべき姿を映し出す二冊の小説をご紹介します。

#010 未来を実装する―テクノロジーで社会を変革する4つの原則
テクノロジーを活用して社会課題の解決をめざす起業家や、企業の新規事業担当者にとって必携のハンドブック。

#009 ステイ・スモール 会社は「小さい」ほどうまくいく
コロナ禍で加速する大転換において、ビジネスに求められる「小さくあること」の重要性を説いてくれる一冊です。

#008 三位一体の経営
経営者と投資家の視点を持つ著者による、経営者・従業員・株主がみなで豊かになるための「三位一体の経営」とは。

#007 世界は贈与でできている――資本主義の「すきま」を埋める倫理学
コロナ禍で気づいた、日常に存在する無数の「贈与」。withコロナにおいて読まれるにふさわしい一冊です。

#006-2 現代経済学の直観的方法
暴走する資本主義を止める方法とは。経済社会の原理を明らかにし、未来につながる経済学を紐解きます。

#006-1 現代経済学の直観的方法
資本主義の本質をつかむ直感的方法と、これまでの常識を超える新しい社会のあり方について学べる経済書です。

#005 無形資産が経済を支配する—資本のない資本主義の正体
昨今のオープンイノベーション・ブームの理由とは?企業投資が無形資産へシフトする中、私たちに必要な視座を教えてくれます。

#004 次世代ガバメント―小さくて大きい政府のつくり方
小さい政府⇔大きい政府の二項対立を超えたその先にあるものは?デジタルとリアルが融合する時代、政府のあり方も変わります。

#003 D2C―「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略
ビジネスに革命をもたらす「D2C」とは?D2Cの本質に迫る完成度の高い入門書です。

#002 アフターデジタル―オフラインのない時代に生き残る
ビフォアデジタルからアフターデジタルへ。視点の転換で、世界の見方が一変します。

#001 宇宙船地球号 操縦マニュアル
人類が直面する危機を前に「富=お金」ではないという大きな気づきを与えてくれます。

おすすめ記事

自分らしく生きる秘訣と、何度でもスタートラインに立てる社会の実現
「きんゆう女子。」などを運営する鈴木 万梨子さんに、女性をエンパワーメントする生き方の秘訣をお聞きしました。

マルイで食べられるヴィーガンフード!渋谷マルイ「マイラーメン グラスヌードルショップ」
普通のラーメンとの違いやヴィーガンラーメンの魅力、開発へ込めた想いをレポートします♪

#008 冷蔵庫に余っている食材でサルベージクッキング!
余っている食材で料理にチャレンジし、おいしく無駄なく食材を使い切ることに挑戦しました。

アイカサと「U22応援プラン」を始めます!
“誰でも雨の日を快適にハッピーに!”丸井×アイカサ×将来世代で使い捨て傘の文化を変える「U22応援プラン」をスタート

#007 自然エネルギー丸わかり!発電所に行ってみた!!~牧場ver.~(後編)
「自然エネルギー」ってどんな場所でつくられているの?みんな電力の皆さんと一緒に実際の発電所に行ってみました!

「慣行」で働く喜びを高める タフでしあわせな組織へ
管理職が「4つの健康」を学ぶ、レジリエンスプログラムについてご紹介します。困難に強くしあわせな人を育む組織の慣行とは。

上場企業×スタートアップ企業が共に創る「来るべき未来」
(株)サムライインキュベート 坪田氏とピッチイベントを振り返り、協業がかなえる世界について語り合います。

Withコロナの時代こそWell-beingが「しあわせ」をつくる(後編)
新しいしあわせの価値観について、Well-being研究の第一人者 石川氏と思考を巡らせます。

D2Cが切り開く未来
(株)Takram 佐々木氏、(株)FABRIC TOKYO森氏に、「D2Cの未来」について語っていただきました。