この指とーまれ! by MARUI GROUP

ゆびNews
2020.2.28

D2Cのエコシステム構築をめざし、新会社「D2C&Co.」が始動

2月12日(水)、TOKYO FM ホールにて、D2Cのエコシステムを支援する丸井グループの新会社「D2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー)」の設立発表会を開催しました。 当日は40名以上のメディア関係者にお集まりいただき、丸井グループ代表取締役社長の青井 浩と、新会社社長の 加藤 浩嗣が新会社設立について説明しました。さらに会の後半ではD2Cプレイヤー、プラットフォーマーとしてご活躍される代表者の皆さまにお集まりいただき、トークセッションを行いました。

d2c02.jpg

「D2C&Co.」設立の背景

まず初めに、代表取締役社長の青井より新会社設立の背景や想いを説明しました。

◆新会社「D2C&Co.」がめざすもの

D2Cとは、小売店や広告代理店を介さず、消費者とブランドが直接つながる新しいビジネスモデルで、直接販売することで中間コストを削減できるほか、そこで得られた顧客データをその後の戦略に活かせる点を特徴としています。

「D2C&Co.」は、そういった特徴をもつD2Cスタートアップへの投資をはじめ、モノづくり・ECサイトの構築・リアル店舗の出店・人材の提供など、D2Cに関連するすべての領域にコミットし、マルイ店舗・エポスカード会員・小売ノウハウを持った人材といった丸井グループの経営資源を総動員して、D2Cスタートアップをサポートしていきます。

それだけでなく、D2Cのエコシステムに関わる皆さまとも幅広く連携をし、協力し合える体制を築くことで、D2C全体の発展をめざします。

D2Cの可能性に共感し、新しいビジネスを共に創っていきたいという方に向けて「この指とーまれ!」と指を高く掲げて、「一緒に未来をつくる仲間たち」を募るための会社であり、D2Cという新しいムーブメントを起こしていくための会社にしていきたいと考えています。

d2c06.jpg

D2C エコシステムのイメージ

◆設立の背景

設立の背景には「お客さまと企業との関係性の変化」と「ビフォアデジタルからアフターデジタルへの変化」があります。

ミレニアル世代を中心に、モノやサービスを選ぶ際にその背景にあるストーリーや、企業理念への共感を重視する消費者が増えつつある中、顧客と企業との関係は、従来の「売り手と買い手」から、今後は共感でつながる「パートナー」や「コミュニティ」へと変化していくと考えています。

また、単にモノを買うだけならネットのほうが圧倒的に便利な時代に、店舗は新たな役割・価値を提供できる店舗に進化しなければなりません。

そういった背景から、ミレニアル世代を中心に若者から支持を集めるD2Cブランドを通じてオープンイノベーションを進め、D2C全体の発展に貢献することで、私たちのめざす進化した店舗や、共感でお客さまとつながるビジネスを実現し、より良い未来をつくっていけるのではないかと考え、設立にいたりました。

(株)丸井グループ 代表取締役社長 CEO 青井のご挨拶はこちらをご覧ください。

「D2C&Co.」の概要

つづいて「D2C&Co.」社長の加藤より、新会社の事業内容についてご説明しました。

d2c03.jpg

◆新会社の事業

新会社の事業内容は、①投資・融資、②リアル店舗への出店支援、③キュレーションサイトの運営の3つです。

①投資・融資
丸井グループでは2016年から投資を実行してきましたが、今後はさらに投資対象をD2Cスタートアップ企業にフォーカスしていきます。そして、「D2C」といえばこの会社といわれる事業にしていきたいと考えています。今後は一カ月に一社程度の頻度で投資をしていく予定です。また、モノづくりをしているD2Cブランドは、成長期に運転資金が恒常的に足りなくなるという課題を抱えています。そのため、融資メニューを充実させていきます。

②リアル店舗への出店支援(出店・運営受託)
オンラインでの顧客獲得コストの上昇や、オフラインでの接点が顧客のLTV(生涯利益)向上につながることを背景に、D2Cブランドのリアル店舗への出店意欲が高まっているため、積極的に店舗出店の支援をしていきます。また、すでに新宿マルイ アネックスの「ワコムブランドストア新宿」などでも導入している、丸井グループ社員による運営受託にも取り組んでいきます。

③キュレーションサイトの運営
D2Cブランド間の相互送客を促進する新たな集客の場を構築します。顧客はD2Cブランドの世界観に共感し、ファンになっていますが、それぞれの根底にあるサステナブルな価値観は共通しているため、より親和性の高いお客さまを相互に紹介し合える場になり得ると考えています。

d2c05.jpg

D2C&Co. 代表取締役社長 加藤による新会社についての説明はこちらの動画をご覧ください。

トークセッション

当日は、新会社設立のサポートを行っていただいた(株)Takram ディレクター/ビジネスデザイナーの佐々木 康裕さんがモデレーターとなり、BASE(株) 代表取締役 CEOの鶴岡 裕太さん、(株)FABRIC TOKYO 代表取締役 CEOの森 雄一郎さん、(株)Sparty 代表取締役 CEOの深山 陽介さんの3名をお迎えし、青井も含めた5名によるトークセッションを行いました。

d2c07.jpg


左から青井、森さん、深山さん、鶴岡さん、佐々木さん

◆おもなコメント

・リアル店舗を持つことが「顧客獲得コストの改善」と「顧客単価アップ」につながっている。-(株)FABRIC TOKYO 森さん

2017年に新宿マルイ 本館に出店した当時は、まだ自分たちのようなD2Cブランドはあまり多くありませんでした。そのため、多くの百貨店やデベロッパーに出店を断られ、そんな時に丸井グループは私たちの事業を魅力的に感じてくれ、スムーズな出店につながりました。今では、新宿マルイ 本館がトップ店舗になってきています。リアルを持つことで、顧客獲得コストはオンラインのみと比べて数十%改善し、顧客単価も約2.5倍となっています。

d2c11.jpg

・リアル店舗の存在価値は変わるけれど、なくなることはないーBASE(株)鶴岡さん

以前はリアル店舗を持つ人がECでショップを持つという流れでしたが、今はブランドをつくるときにまずECでショップをつくり、うまくいくとリアル店舗を出したい、という流れに変わってきています。その中で、リアルはTwitterやFacebookに広告を出すのと同じように、短期的にやりたいというニーズがあることがわかりました。つまり、リアルが広告媒体になっているのです。「ブランド単体としては信頼がまだ足りないが、リアルの一等地に出したい」というワガママに丸井グループは応えてくれ、現在渋谷マルイの1FにBASEとして常設店を出店しています。リアルはこれまで「なくなる」といわれていましたが、リアルの存在価値は変わるけれど、「なくならないもの」だと私は感じています。

d2c12.jpg

・店舗出店のノウハウがまったくなかったので、「どこにどんな店舗を出すのか?」といったことから丸井グループに一緒に考えてもらった。ー(株)Sparty 深山さん

丸井グループとの出会いは去年の夏。当時はオンラインのみで、急激に売上が伸びていた時でした。ですが、お客さまとのコミュニティ、顧客接点の場がつくれていないという課題感を持っていました。ただ、店舗を出そうと思っても自社は元々IT系人材が多いため、丸井グループとは「どこに、どのように出店するのか?」というところから一緒に考えてもらいました。現在、有楽町マルイ1FにMEDULLA(メデュラ)のフラッグストアを出店しており、運営はマルイ社員に教えてもらいながら、一緒に取り組んでいます。

d2c10.jpg

・D2Cの繁栄が皆にとっての「しあわせ」、これにより社会が良くなると本気で思っています。-(株)丸井グループ 青井

丸井グループだけが良くなればいいという発想ではなく、D2Cの繁栄が皆にとっての「しあわせ」、これにより社会が良くなると本気で思っています。スタートアップへの投資は、一般的には投資リターンを重視しますが、私たちの新会社では融資を行うことで、少しでもD2Cスタートアップ企業の力になりたいと考えています。小さくても熱烈なファンに支えられているブランドもあれば、一方で大きなECを持つブランドもあります。そういった多様なブランドがあって楽しい世界をつくっています。これからの将来世代が、自分が夢中になれることをやっていける、そういった社会に貢献していきたいと考えています。

トークセッションの様子はこちらの動画をご覧ください。
  • 「D2C&Co」オフィシャルサイト
  • D2C&Co.Inc.(ディーツーシーアンドカンパニー)はD2Cのエコシステムを支援する会社です。おもにD2Cスタートアップへの投資を行いますが、いわゆるCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)にとどまらず、D2Cビジネスに欠かせないモノづくりや、ECサイトの構築から、リアル店舗の出店、運営にいたるまで、D2Cに関連する領域全般にコミットしてまいります。
  • https://www.d2c.company/
この記事に関するTweet

記事一覧

将来世代とのオープンイノベーションによる新規事業創出の取り組みをスタート!
大学生・大学院生から参加者を募り、丸井グループ社員とともにチームを組んで新規事業を創出するプログラムを開催します!

施設の予約・順番受付サイトを運営するEPARKとの協業が拡大中!
予約・順番受付サイトなどを運営する(株)EPARKとの協業として、店舗やエポスカードでの取り組みが進んでいます!

再生可能エネルギー100%で暮らす「みんなで再エネ」プロジェクト
エポスカードとみんな電力が、消費電力を再生可能エネルギーに簡単に切り替えられるサービスを開始しました。

新会社「D2C&Co.」のWebサイトをアップデート
D2Cのエコシステムを支援する丸井グループの新会社「D2C&Co.」のサイトが、D2Cの皆さまの声をもとに進化しました!

小泉環境大臣との意見交換会で新サービスをご紹介しました!
当社代表の青井がみんな電力 大石社長と、小泉大臣との意見交換会に参加。CO₂削減をめざす新サービスをご紹介しました。

体験型店舗「b8ta」が新宿マルイ 本館にオープン!
新宿マルイ 本館に、シリコンバレー発の体験型店舗「b8ta」がオープン!店内の特徴や、記者発表の様子をお伝えします。

落合 陽一氏の個展が渋谷モディにて開催中!
落合 陽一氏の個展が渋谷モディで開催中!さらに落合氏の番組「WEEKLY OCHIAI」に当社代表の青井が参加しました。

お取引先さまとの共創により、運営受託ショップが広がっています
お取引先さまのリアル店舗出店をサポートする丸井の「運営受託」により、新たなショップの導入が進んでいます。

ミライロ初のリアル店舗「ミライロハウス TOKYO」をご紹介します!
ミライロ初のリアル店舗がオープン!「ようこそ、みんなが心地いい未来へ。」というコンセプトの具現化をめざします。

国内初のブラインドサッカー専用コート「MARUI ブラサカ!パーク」がオープン
ブラインドサッカー日本代表選手のさらなる活躍と将来世代の育成をめざし、丸井研修センター内に新たな施設が完成しました!

メルカリ初の旗艦店「メルカリステーション」が新宿マルイ 本館にプレオープン!
フリマアプリ「メルカリ」を“体験しながら学べる”リアル店舗がマルイに登場!丸井グループ社員が運営を受託しています。

BASE株式会社との協業を通して、お取引先さまのネットショップ開設を支援
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるお取引先さまに向けた、BASE(株)との協業の取り組みをご紹介します。

再生可能エネルギーの電力を供給する小売電気事業をスタート
「RE100」に加盟する丸井グループ。再生可能エネルギーの持続的な導入に向けた取り組みが進んでいます!

『多数欠』アニメ化プロジェクトを丸井グループが後援
クラウドファンディングでアニメ化をめざす人気マンガ『多数欠』。目標額達成に向け、丸井グループも後援しています!

メルカリとの共創を通じて「売らない店」の拡大をめざす
「売らない店」を標榜する丸井が、なぜメルカリと業務提携したのか?その理由をお伝えします。