Future View
2022.3.11

未来を実装する ~インパクトをもとにビジネスをするための思考と技術~

丸井グループでは、今後の経営にとって重要となるさまざまなテーマを考える場として「中期経営推進会議」をほぼ毎月開催しています。 今回は、2021年10月に「未来を実装する ~インパクトをもとにビジネスをするための思考と技術~」というテーマで行われた、東京大学のスタートアップ支援プログラム「Found X」のディレクターを務める馬田 隆明氏の講演の内容をお伝えします。

登壇者:馬田 隆明氏/ 東京大学スタートアップ支援プログラム「Found X」 ディレクター

POINT

・社会実装には、テクノロジーと社会の両輪を一緒に変えることが必要

・デマンド*(注釈)を顕在化するために、理想とインパクトを提示し、課題を提起することが大事

・多くの資本・資源・事業機会チャンスを得るためには、良いインパクトをめざすところから、始めよう

・共感や納得を得ながら他者を巻き込んでいくことが、社会を変えることにつながる
 デマンド*(注釈):需要・欲求のこと

未来を実装する ~インパクトをもとにビジネスをするための思考と技術~

「未来を実装する ~インパクトをもとにビジネスをするための思考と技術~」は、ビジネスにおけるテクノロジーの社会実装はどうすれば進むのかをテーマにした書籍です。書籍の中では、実装に関する5つの要素、基盤としての「デマンド」と「インパクト」、実現手法としての「リスク」と「倫理」、そして、「ガバナンス」と「センスメイキング」を紹介しています。

青井のおすすめ書籍Book Loungeでも書評をご紹介しています。
https://www.to-mare.com/bl/2021/010.html

テクノロジーと社会の両輪を一緒に変えることが、社会実装に必要

「デジタル技術の社会実装には何が必要なのか」を言い換えると、「会社や社会のDX(デジタルトランスフォーメーション)には何が必要なのか」ということです。
1900年前後では、蒸気から電気への転換が行われようとしていました。この転換には、ティムハーフォードという論者によると、だいたい50年ぐらいかかったのではないかと言われています。当時は、蒸気エンジンを電気モーターに変えることで、新しい電気をうまく使えるのではないかということが期待されていました。ただ、実はこの転換だけではうまくいかなかったというのが、結論でした。
私たちはイノベーションというと技術的なものを思い浮かべがちですが、それだけではなく、補完的イノベーション、制度や組織、仕事のやり方の刷新などの積極的なイノベーションが必要だと言われています。ある意味、社会を変えてテクノロジーを活かすことも同時に行わなければ、本当の意味でテクノロジーを活かすことができないと言えます。
したがって、技術的なDXだけではなく、会社や社会の仕組みのDXもしていかなければ、本当に良い社会実装は行われません。社会を変えるという目線が、この10年あまり注目されていませんでしたが、2015年以降、社会を変えることが大事だと気づくスタートアップ企業も増え、そういったスタートアップ企業が成功していると私は考えています。

umada1.JPG

デマンドを顕在化するために、理想とインパクトを提示し、課題を提起することが大事

一般的に、ニーズがなければ技術は受け入れられないと言われていますが、成熟社会では相対的に切迫したデマンドや課題があまりないことが現状です。しかし、課題をインパクト、すなわち理想と現状のギャップだととらえると、理想をきちんと掲げることで、課題を生み出していけるのではないでしょうか。スタートアップ企業は、良い理想をうまく掲げることで、さまざまな仕組みを変えたり、周囲を巻き込んだりしてビジネスを進めていると感じています。また、社会起業家は、社会の中で理想をきちんと提示する、あるいは、消費者が気づいていない理想を一緒に固めていき、現状との差を明らかにすることで、新たな課題・デマンドを見つけています。課題発見も大事ですが、同時にインパクトをしっかりと定めて課題を提起することで、成熟社会における新たなデマンドを生み出せると思っています。

多くの資本・資源・事業機会チャンスを得るためには「良いインパクトをめざすところから」始めよう

「未来を実装する ~インパクトをもとにビジネスをするための思考と技術~」のメッセージの一つが、「インパクトから始めよう」ということです。この書籍でインパクトとは、あるべき社会像のことです。ただ、インパクトや理想を描くだけでは、実現に結び付きません。自分たちがどのようなインパクトや理想を掲げてたどり着こうとしているのかを提示して、説得し社会を巻き込まないと社会実装には結びつきません。それだけではなく、社会実装の方法論としてのインパクトの重要性は、資金面でも現れています。2015年以降は特に、SDGsなど社会課題解決めざすCSV経営を行う会社に資金がつくことが顕著な流れになりました。公共的なインパクトを掲げる世界的に良いことをやっている企業が資金面でも便益を得るようになっていくことで、インパクトが資本政策に関わり、事業戦略につながり、経営戦略自体に大きな影響力をもつようになっています。また、これは資金面だけではなく、人材についても同様です。Z世代の人たちは、「良いことをやっている企業に就職したい」と思っているなど、人的なリソースに関しても、インパクトやパーパスに徐々に影響されていると思います。良いインパクトをめざす企業は多くの資本・資源にアクセスできるようになり、より多くの事業機会を手にします。そのチャンスを得るためには、必ず成功するわけではないですが、インパクトから始めることが大事だということです。

uamada2.JPG

センスメイキングの手法を使って、共感や納得を得ながら他者を巻き込んでいくことが、社会を変えることにつながる

センスメイキングは、元々は「Make Sense(納得感、腹落ち)」から由来しています。コミュニケーションといってしまうと、主体は発信者側ととらえがちですが、そうではなくて受け手の社会に生きる皆さんを主体にしたいということで、センスメイキングという言葉を使っています。社会を変えるなら、課題、現状、インパクト、解決策、リスクと倫理、ガバナンス、全てに対してセンスメイキングをしなくてはなりません。
センスメイキングの手法には、いくつかのツールがあります。例えば、ソフトウェアの試作品をつくることも手法の一つです。最近では、デジタルだからこそできるオンライン上の参加型のプラットフォームを用意し、データをうまく活用することも社会実装の一つの方法だと思います。デジタルというと、ついデータに注目しがちですが、まずは、参加型のプラットフォーム上で体験や対話をしっかりとすることがセンスメイキングには重要です。
良いインパクトを掲げたうえで、センスメイキングの手法を使って、共感や納得を得ながら巻き込んでいくことが、社会を変えることにつながると思います。それと同時に小さくても成果を残すことが重要です。成果を出すことが、信用や信頼につながり、好循環をつくりだすことができます。

umada3.jpg

技術的なイノベーションだけではなく、補完的なイノベーションを起こして仕組み全体を変えなければ社会実装はできません。その際にはインパクトが非常に大切です。そうして社会を変えて、テクノロジーを実装していくことが非常に大事なポイントです。これから足元でいろんな変化が起こると思います。その中で、本当の意味・インパクトを示して、その意味をつけていくのが、インパクトから始める、ということだと思います。理想や課題を一緒に固めていく、気づいていない方々に一緒にセンスメイキングしていくことをきちんと日々やっていくことが、おそらくインパクトをビジネスにするために必要な思考・技術だと思います。

登壇者プロフィール
馬田 隆明氏
東京大学スタートアップ支援プログラム「Found X」 ディレクター

University of Toronto 卒業後、日本マイクロソフトを経て、2016年から東京大学。東京大学では本郷テックガレージの立ち上げと運営を行い、2019年から「FoundX」のディレクターとしてスタートアップの支援とアントレプレナーシップ教育に従事する。スタートアップ向けのスライド、ブログなどで情報提供を行っている。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』『未来を実装する』。

■主な著書

未来を実装する―テクノロジーで社会を変革する4つの原則|英治出版|2021/1/24

Amazonで購入  楽天ブックスで購入

この記事に関するTweet

記事一覧

Well-beingな社会に向けて ~ジェンダーイクオリティな未来を考える~
アーティストであるスプツニ子!さんと予防医学者の石川善樹さんにジェンダーイクオリティをテーマに語っていただきました。

K-POPの発展を支えるファンダムの存在とは
『K-POPの発展を支えるファンダムの存在とは』の著書である田中 絵里菜氏に、ファンダムについてお聞きしました。

三位一体の経営の実践
経営者・従業員・株主がみなで豊かになる「三位一体の経営」に必要なことは何か、みさき投資(株)中神氏にお聞きしました。

デジタルが支える「顧客優先主義」
駿河屋を運営する(株)エーツー 杉山 綱重氏に、コロナ禍での店舗・ECや、丸井グループとの協業についてお聞きしました。

「あたりまえを超える」体験を生み出し続けるために
WED(株)の山内 奏人さんに、魔法を社会に実装するサービスづくりや、企業との共創についておうかがいしました。

これからの時代をつくる将来世代との共創について
(株)ライフイズテックの水野氏より、将来世代との共創や「21世紀の教育変革」についてお話しいただきました。

D2Cが切り開く未来
(株)Takram 佐々木氏、(株)FABRIC TOKYO森氏に、「D2Cの未来」について語っていただきました。

理想と現実のギャップを埋める―気持ちのいい社会の実現と挑戦
傘のシェアリングサービス「アイカサ」を展開する、丸川氏にお話しいただきました。

持続可能な社会に寄与するビジネスとは
人と地球の未来のために社会問題解決に取り組む(株)ユーグレナの永田副社長に、持続可能な社会についてお話しいただきました。

金融アクセスを通じて機会の平等を実現する
途上国でマイクロファイナンスを提供する五常・アンド・カンパニー慎氏に金融サービスの未来についてお話しいただきました。

おすすめ記事

将来世代と共に新規事業を創る「第2回Future Accelerator Gateway デモデー」開催
24歳以下の将来世代からなる8チームが、3カ月間全力で取り組んだビジネスアイデアをプレゼンしました!

有楽町マルイの店長の仕事内容に密着!
出勤から退勤まで店長のお仕事内容をご紹介します。1日に密着して分かった“心構え”は必見です!

共創の取り組みを社員の働き方から紹介!~ファミリー溝口の駿河屋買取センターに潜入!~
丸井グループの「共創」とは!?マルイファミリー溝口の駿河屋買取センターに潜入し、ある社員の1日に密着します!

有楽町マルイ「NAKED FLOWERS FOR YOU」で五感で巡るパーソナライズアートを体験!
NAKED,INCの国内初常設施設を編集部が紹介します!

誰もが尊重され、多様な人が共存できる社会をめざして
訪問介護などを行う(株)土屋 代表取締役の高浜 敏之氏に、多様な社会を実現するポイントなどについておうかがいしました。

リサイクルを推進!12種類の分別ごみ箱「ecobo(エコボ)」
社員一人ひとりの環境やリサイクルに対する意識の向上をめざすために誕生した「ecobo」についてご紹介します。

K-POP・韓国カルチャー好きが集まる「チョアコミュ」って?
K-POP、韓国カルチャー好きが集うコミュニティ「チョアコミュ」の担当者に、どんな想いで運営しているのか聞いてみました!

【進化する物流倉庫の裏側】障がいのある方の雇用推進やロボットとの協業!
障がいのある方の雇用推進やロボットとの協業の物流倉庫の二つの側面をご紹介します。

【マルイあるある】丸井グループ社員の素の姿を大公開!
丸井グループの社員が日常でよく見かける「マルイあるある」をドラマ風に再現しました。役員の方も登場します!

【予算3,000円以内】人と地球に優しいおすすめプレゼント4選
5PM JournalのHirokoさんから、日ごろの感謝を伝えられるサステナブルなプレゼントを4つご紹介!

#008 冷蔵庫に余っている食材でサルベージクッキング!
余っている食材で料理にチャレンジし、おいしく無駄なく食材を使い切ることに挑戦しました。