この指とーまれ! by MARUI GROUP

ゆびNews
2020.12.29

内定者と共に創る就活イベントを初開催!

12月19日(土)、丸井グループと内定者が共に創る就活イベント「『はたらく』×『より良い社会』~社会を変えるビジネスってどういうこと~」を開催しました!今回は、高校生から大学生まで参加できるイベントとして企画。当日は将来世代の皆さま約70名にご参加いただき、共創パートナーであるみんな電力(株)さまとのパネルディスカッションなどを通じて、企業が社会課題解決に取り組む意義について参加者の皆さまと対話を行いました!

◆内定者と共に創る就活イベント実施の背景

今回の就活イベント「『はたらく』×『より良い社会』~社会を変えるビジネスってどういうこと~」は、20214月に丸井グループに入社予定の内定者の中から、公募で集まった13名を中心としたメンバーによる企画です。採用課がサポートしながら、8月より計10回にわたって対話をくり返してきました。
内定者自身が就職活動を通して感じた「自分のやりたいことにもっと早く気づいていれば良かった」「 業界・業種の切り口でしか企業を探せず、広い視野で自分のやりたいことと結びつけられなかった」といった経験をもとに、「自分たちが感じたモヤモヤを将来世代の皆さんには感じてほしくない!主体的に自分の人生を選択する皆さんの応援がしたい!」という想いから実現しました。

20201228_1.jpg
内定者との対話の様子 

◆世の中の変化と企業のあり方の変化について

まず初めに、「世の中の変化と企業のあり方の変化について」と題し、みんな電力さまと丸井グループの両社の取り組みついて、担当者よりご説明しました。

<みんな電力さま>

20201228_2.JPG
みんな電力() 社長室 プロジェクト推進チーム 長島 遼大さん

企業が脱炭素化に向けて取り組む必要性や、環境に配慮した消費行動を表す「エシカル消費」について、みんな電力さまの再生可能エネルギーを利用する企業の事例を挙げてご紹介いただきました。
また、「顔の見える電力™」を通じた再エネ電力の導入に向けた取り組みや、気候変動にともない再エネの需要が拡大している背景についてお話がありました。

20201228_3.JPG
みんな電力さまの再エネ電力は、マルイ店舗にも導入しています!

<丸井グループ>

20201228_5.JPG
丸井グループ ビーガン事業準備室 岡﨑 可奈

丸井グループでは、企業価値の向上と社会課題の解決を同時に実現することをめざした「共創サステナビリティ経営」を掲げています。イベントでは、みんな電力さまとの共創の取り組みなどについて紹介しました。
また、持続可能な社会に向けたビジネスとして新たに取り組むビーガン事業が、環境問題の解決につながる可能性について、担当者の視点からお話ししました。

20201228_4.JPG社内の新規事業としてビーガン事業準備室を新たに開設しました 

◆ビジネスを通じて社会課題を解決するってどういうこと?

続いて、「ビジネスを通じて社会課題を解決するってどういうこと?」というテーマで、パネルディスカッションを実施。ともにZ世代である、みんな電力の長島さんと丸井グループの岡﨑が、社会課題に興味を持ったきっかけや、ビジネスを通じて社会課題解決に取り組む理由についてお話ししました。

20201228_6.JPG

―社会課題に興味を持ったきっかけは?

長島さん:私たちの世代は、以前と比べて学校教育の場で社会課題について学ぶ機会が多かったと思います。なので、特別大きなきっかけがあったわけではないのですが、学生時代に「働く」ということを考えた時に、「社会の役に立つ仕事をしたい」と感じたので、まずはNPOで活動を始めました。

岡﨑:私は、小学生の時に『世界がもし100人の村だったら』という本を読み、世界には貧困に苦しむ人が想像以上にいることを知り、自分がとても恵まれた環境にいるということを実感しました。この本をきっかけに、世の中の課題を自分事として考えるようになり、身のまわりにある課題について学び始めました。

―なぜ"ビジネス"を通じて社会課題解決に取り組む企業に入社されたのですか?

岡﨑:私たちの世代は、これから約4050年間働くといわれており、人生において仕事の占める時間は非常に大きいと思います。なので、それだけ多くの時間を使うのであれば、ビジネスを通じて社会課題の解決につなげたいと思っていたところ、丸井グループの社会課題解決の取り組みを知り、そこに共感したことが1番の理由です。

長島さん:NPOで活動する中で、企業にはそれぞれの役割があり、社会課題解決はビジネスを通じて取り組めることを学びました。みんな電力に入社した理由ですが、電気の市場規模は、約20兆円ともいわれており、そのような大規模な市場での取り組みが、結果的に社会課題解決につながることは、持続可能かつとても可能性のあるビジネスだと感じたからです。

―現在取り組んでいる仕事と、やりがいについて教えてください。

長島さん:私は、個人のお客さまに向けて再エネへの切り替えをおすすめするとともに、電気生産者の想いをお客さまにお届けするイベントや、さまざまな企業との協業を通じて、契約してくださるお客さまの満足度向上に努めています。再エネが環境に良いとわかっていながらも、なかなか切り替えていただけないという課題もありますが、従来の価格競争とは違った形でお客さまにアプローチすることで、世の中に新しい価値を生み出せるのではないかと思っているので、とてもやりがいを感じています。

岡﨑:持続可能な社会の実現に向けた新たなビジネスとして、「ビーガン」を世の中に拡げるために、丸井グループができることについて考えています。日々、試行錯誤をくり返していますが、「このビジネスが実現したらどれくらいの人に『しあわせ』を提供できるのか」を考えると、非常にやりがいを感じます。また、自分の仕事について話す時に、「世の中のお役に立つために頑張っている」と自信を持って言えることは、社会人として大切なことだと考えています。

◆学生の皆さまからもたくさんの質問をいただきました!

最後に、Zoomのチャット機能を使って、学生の皆さまから多くのご質問をいただきましたので、いくつかご紹介します!

20201228_7.JPG

Q.就職活動での企業選びの軸について教えてください。

長島さん:自分のやりたいことに一緒に取り組んでくれる企業かどうかを意識していました。ただ、「自分は絶対にこれをやりたいんだ」と限定しすぎてしまうと、入社してからギャップを感じる場合もあると思います。実際に働き始めてから気づくことや学ぶことはたくさんあるので、自分のやりたいことは何かを考えつつも、選択肢をあまり狭めないようにすることが大切だと思います。

岡﨑:私の就職活動中の軸は、「何らかの課題を抱えている人たちをしあわせにしたい」という大きなものでした。また、目先の利益だけにとらわれず、社会課題解決にどれだけ本気で取り組んでいるかも重視していたので、丸井グループの場合も小売や金融といった事業だけでなく、社会課題解決につながるサステナブルな取り組みを行っている企業という視点で見ていました。

Q.ビジネスと社会課題解決を両立するうえで、意識していることはありますか?

岡﨑:食の選択肢としてビーガン料理があることや、ビーガンの方が抱えているお困りごとを、世の中に知ってほしいという想いを常に持ちながら取り組んでいます。ビーガンでない方たちのライフスタイルを今すぐに変えてほしいわけではなく、すべての人のしあわせを実現するために、新たな価値を提供するという意識を大切にしています。

長島さん:私たちは、「電気料金の価格競争をしない」と決めています。そのため、価格ではなく「顔の見える電力™」をテーマにしたさまざまなサービスを通して、お客さまに満足感を提供することで、価格のハードルを乗り越えていきたいと考えています。最近では、みんな電力に切り替えたことをお客さまが世の中に発信してくださることも増えています。そうしたファンの方を増やしていく「仲間づくり」も大切なポイントですね。

Q.これからの未来に向けて、どんなことに取り組んでいきたいですか?

長島さん:社会課題解決は、苦しさを感じてしまうと進めることが難しくなってしまうので、「おもしろさ」を大切にしながら、結果的に社会課題解決につながるようなことに取り組んでいきたいと思っています。現在は、「顔の見える電力™」の供給に取り組んでいますが、身のまわりにある社会課題はほかにも数多くあるので、「顔の見える」を軸にしたさまざまなライフスタイルに寄り添う事業を展開してきたいです。

岡﨑:丸井グループでは、「ビジネスを通じてあらゆる二項対立を乗り越える世界を創る」という2050年に向けたビジョンを掲げています。その中で、私は「二項対立」という言葉さえもなくなることが理想なのではないかと感じています。その第一歩として、「ビーガン」を世の中に拡げていくための活動をしていますが、ゆくゆくは「ビーガン」や「LGBTQ」といった、現在はマイノリティとされている言葉さえもなくなるような世界をつくりたいと思っています。

◆社会課題解決に対する当事者意識の高さを感じました

20201228_8.JPG
丸井グループ 人事部 採用課 水本 優

今回の就活イベントは、内定者の皆さんを中心に「学生の皆さんにとって、より主体的な人生選択につながるイベントにするにためにはどうすれば良いか」を考え、みんな電力さまとも協力しながら対話をくり返し行ってきました。
イベント当日は、講演やパネルディスカッションを通して、みんな電力さま、丸井グループの社会課題解決の取り組みにかける想いを、お伝えすることができたと思います。
学生の皆さんからは、「再生可能エネルギーやビーガンについて、もっと詳しく知りたいです」「『社会課題を解決したい』という切り口からも企業を選べるという、新しい選択肢を学ぶことができ、視野が広がりました」といった感想をいただき、社会課題に対する当事者意識の高さを感じるとともに、私たちがイベントを通して伝えたかったメッセージがしっかり伝わっており、非常にうれしかったです。
これからも、高校生や大学生といった将来世代の皆さまに向けて、ビジネスを通じた社会課題解決や、将来の自分自身の働き方について考えるイベントを開催したいと考えています。そのようなイベントを通して、丸井グループの取り組みに共感してくださる方々との、新たなつながりを生み出していきたいと思っています。

この記事に関するTweet

記事一覧

韓国コスメのセレクトショップ「KOREAJU」が店舗・ECでオープン!
丸井グループ発の韓国コスメセレクトショップがオープン!有楽町マルイでは期間限定で人気コスメをお試しいただけます。

投資家さま向け共創サステナビリティ見学会を開催しました!
投資家の皆さまに丸井グループの共創サステナビリティ経営を理解していただくことを目的に、有楽町マルイで見学会を行いました。

コーヒーのサブスクを展開する「PostCoffee」の世界観を体験!
自分に合ったスペシャルティコーヒーを体験できる「PostCoffee」のポップアップショップを渋谷モディで開催しました。

サステナブルな企業と出会う就活イベント「電力就活」に参加しました!
各社のサステナブルな取り組みや、みんな電力(株)さまの「電力就活」にかける想いなどについて紹介しています!

「PHOEBE BEAUTY UP」ポップアップショップを有楽町マルイで開催しました!
「PHOEBE BEAUTY UP」の世界観を感じられる初のポップアップショップが有楽町マルイで開催されました。

ロスフラワーを使用したオブジェがマルイ・モディ各店に登場!
コロナ禍で活躍の場を失った花々に新たな命を吹き込み、オブジェを制作しました。マルイ・モディ各店でぜひご覧ください!

「青春マッチング ―残すべきステージが、ここにある。―」サイトを開設しました!
「コロナ禍の今、思い通りに表現できるステージがない!」一度しかない青春を輝かせたい、そんな皆さまを応援するサイトです!

日比谷音楽祭公式YouTubeチャンネルに丸井グループが登場!
フリーで誰もが参加できる、ボーダーレスな音楽祭「日比谷音楽祭2020」に、協賛企業としてインタビューしていただきました!

ヤマトグループと丸井グループの協業で、ECの商品受取がさらに便利に!
ヤマト運輸さまとの協業で、さまざまなECサイトでの購入商品の受取が、マルイ・モディ店舗でできるようになりました!

D2Cブランドとの共創メディア「5PM Journal」がオープン!
未来のカルチャーの共創メディア「5PM Journal」について、ブランドの声や担当者の想いなどをお伝えします!

オランダNo.1チョコレートメーカー「トニーズ・チョコロンリー」の日本初上陸を支援しています!
「フェアトレード」「スレイブフリー」を掲げるトニーズさまの支援を通して、サステナブルな社会の実現をめざします!

ペットボトルごみの削減をめざすサービス「Q-SUI」を体験してきました!
9月末より実証実験がスタートした給水サービス「Q-SUI」について、加盟店さまや担当者の声も交え、レポートいたします!

駿河屋との共創で実現!丸井グループの物流網と店舗を活用した新サービス
「駿河屋.jp」を運営する(株)エーツーさまとの協業により、マルイ店舗での買取商品受付・受取サービスがスタートしました!

「青空メルカリ体験」を新宿マルイ 本館にて開催しました!
フリマアプリ「メルカリ」を使った出品体験などを通して、親子でお金やモノの価値について学んでいただきました!

お店とネットで!人気パンが大集合「パンフェスティバル」開催中
北千住マルイで11月17日(火)まで開催中!全国各地の人気パンをお店とネットの両方でお楽しみいただけます。

【将来世代との対話】Z世代会議を実施しました!
グループ公認イニシアティブ「共働き2.0」の活動として、将来世代の皆さんのお話を聞く「Z世代会議」を開催しました。

丸井グループは九州レインボープライドに参画しています!
丸井グループもブース出展している九州レインボープライドが、11月7・8日にオンラインで開催されます。

【予告】「Marui Co-Creation Pitch 2021」 開催のお知らせ
オープンイノベーションの新たな取り組みとして、スタートアップ向けのピッチイベントをサムライインキュベートとともに開催!

将来世代とのオープンイノベーションによる新規事業創出の取り組みをスタート!
大学生・大学院生から参加者を募り、丸井グループ社員とともにチームを組んで新規事業を創出するプログラムを開催します!

施設の予約・順番受付サイトを運営するEPARKとの協業が拡大中!
予約・順番受付サイトなどを運営する(株)EPARKとの協業として、店舗やエポスカードでの取り組みが進んでいます!

再生可能エネルギー100%で暮らす「みんなで再エネ」プロジェクト
エポスカードとみんな電力が、消費電力を再生可能エネルギーに簡単に切り替えられるサービスを開始しました。

新会社「D2C&Co.」のWebサイトをアップデート
D2Cのエコシステムを支援する丸井グループの新会社「D2C&Co.」のサイトが、D2Cの皆さまの声をもとに進化しました!

小泉環境大臣との意見交換会で新サービスをご紹介しました!
当社代表の青井がみんな電力 大石社長と、小泉大臣との意見交換会に参加。CO₂削減をめざす新サービスをご紹介しました。

体験型店舗「b8ta」が新宿マルイ 本館にオープン!
新宿マルイ 本館に、シリコンバレー発の体験型店舗「b8ta」がオープン!店内の特徴や、記者発表の様子をお伝えします。

落合 陽一氏の個展が渋谷モディにて開催中!
落合 陽一氏の個展が渋谷モディで開催中!さらに落合氏の番組「WEEKLY OCHIAI」に当社代表の青井が参加しました。

お取引先さまとの共創により、運営受託ショップが広がっています
お取引先さまのリアル店舗出店をサポートする丸井の「運営受託」により、新たなショップの導入が進んでいます。

ミライロ初のリアル店舗「ミライロハウス TOKYO」をご紹介します!
ミライロ初のリアル店舗がオープン!「ようこそ、みんなが心地いい未来へ。」というコンセプトの具現化をめざします。

国内初のブラインドサッカー専用コート「MARUI ブラサカ!パーク」がオープン
ブラインドサッカー日本代表選手のさらなる活躍と将来世代の育成をめざし、丸井研修センター内に新たな施設が完成しました!

メルカリ初の旗艦店「メルカリステーション」が新宿マルイ 本館にプレオープン!
フリマアプリ「メルカリ」を“体験しながら学べる”リアル店舗がマルイに登場!丸井グループ社員が運営を受託しています。

BASE株式会社との協業を通して、お取引先さまのネットショップ開設を支援
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるお取引先さまに向けた、BASE(株)との協業の取り組みをご紹介します。

再生可能エネルギーの電力を供給する小売電気事業をスタート
「RE100」に加盟する丸井グループ。再生可能エネルギーの持続的な導入に向けた取り組みが進んでいます!

『多数欠』アニメ化プロジェクトを丸井グループが後援
クラウドファンディングでアニメ化をめざす人気マンガ『多数欠』。目標額達成に向け、丸井グループも後援しています!

メルカリとの共創を通じて「売らない店」の拡大をめざす
「売らない店」を標榜する丸井が、なぜメルカリと業務提携したのか?その理由をお伝えします。

D2Cのエコシステム構築をめざし、新会社「D2C&Co.」が始動
D2Cエコシステムの発展をめざして設立した新会社「D2C&Co.」の記者発表会の様子をご紹介します。