この指とーまれ! by MARUI GROUP

ゆびNews
2020.9.2

小泉環境大臣との意見交換会で新サービスをご紹介しました!

9月2日(水)、環境省 大臣室にて丸井グループと環境大臣の小泉 進次郎氏との意見交換会が行われました。当日は当社代表の青井と、みんな電力株式会社の大石社長が参加し、お客さまに再エネ電力をご利用いただくことで、CO₂を削減する「みんなで再エネ」プロジェクトの取り組みの一つである新サービス「みんな電力へのかんたん申し込み」(9月中旬開始予定)を小泉大臣に体験していただきました。

◆「みんなで再エネ」プロジェクトとは

9月1日(火)に、丸井グループとみんな電力さまの両社で発表した新プロジェクトで、お客さまと一緒にCO₂削減に取り組み、サステナブルな社会をつくることをめざした取り組みです。丸井グループが発行するクレジットカード「エポスカード」の会員さまに対して、再生可能エネルギー(以下、再エネ)電力の利用を簡単にお申し込みいただけるサービスの開始や、「みんな電力 エポスカード」の発行を今後予定しています。

◆小泉大臣との意見交換会で、新サービスのデモンストレーションを実施

今回の意見交換会は、小泉大臣からのお声がけで実現しました。交換会冒頭には、「エネルギー政策と気候変動を同軸として世の中を変えていくにあたり、環境省は需要サイドに働きかける役割を担っている。今回の丸井グループの取り組みは、個人の需要に働きかけていくという面において、我々も何かできることがないかと思いお願いしました」と小泉大臣からお話がありました。

青井からは、丸井グループが2030年までに使用電力を再エネ100%に切り替えることを目標に掲げ、現状契約ベースでは50%まで進んでいること、700万人以上のエポスカード会員さまに対して、みんな電力さまとの協業で、再エネ電力の切り替えを簡単にお申し込みいただけるシステムを開発したことについて説明がありました。

<新サービス体験の様子>

エポスカード会員さまが、再エネ電力を提供するみんな電力さまへ簡単にお申し込みいただける新サービスを、実際に小泉大臣に体験していただきました!


saiene_09_04.jpgお客さまのお申し込みの流れを実際に体験していただく小泉大臣

「申込方法がわからない」「手続きが面倒そう」というお客さまの声にお応えして、新サービスではエポスカードとみんな電力さまで、契約に必要なお客さまの基本情報をデータ連携することで、契約手続きをスムーズに行うことができます。

saiene_09_05.jpgエポスカード会員さまのホームページからお申し込みいただけます(9月中旬開始予定)

saiene_09_07.jpg saiene_09_06.jpg
スマホで検針票を撮影し、基本情報を確認したら、あっという間に登録完了!
約50秒で再エネ電力への切り替えが完了し、小泉大臣も驚かれていました

◆再エネ活用促進に向けた意見交換会の様子

デモンストレーション終了後は、限られた時間ではありましたが、今後の再エネ活用促進に向けた意見交換が行われました。
その一部をご紹介します。

saiene_09_03.jpg

小泉大臣:国の施策として、個人の再エネ切り替えをこれくらいストレスフリーに進めていく中で、環境省は何ができると思いますか?

青井:コロナ禍の中で、家の中での過ごし方を見直す人は増えているのではないでしょうか。その中で、電気代を見直している人も増えているように感じています。

大石:そうですね、お申し込みは増えています。しかも、再エネは以前と比べて価格が安くなっています。

小泉大臣:まさに、再エネは高いイメージがあるのでそれを変えていきたいですよね。誰もが気軽に安く便利に、という点では、今回丸井グループさんが働きかけてくれたサービスがそうですよね。

青井:みんな電力さまは「顔が見える電力」ということを大切にしていて、地域と都市の人を結びつける取り組みを行っています。価格の安さもありますが、人とのつながりを生むというのもあると思います。

小泉大臣:クレジットカードという決済システムを活用することもポイントだと思うのですが、エポスカードに限らず、ほかの決済手段でも今のように秒単位で切り替えができるようになるといいですね。

青井:そうですね。私たちは自分たちが良ければいいというよりは、自分たちが実験台として取り組み、そこからほかの企業に広がっていけば、それは社会的なインパクトになると考えています。なので、ぜひほかの企業にも声をかけていただきたいです。クレジットカードと電力はビジネスとしての相性も良いので、環境省の方でも進めていただけると前進すると思います。

大石:まさに企業関係なく、各企業の顧客基盤をもって気候変動に貢献できるということなので、ぜひ広めていただきたいです。

小泉大臣:ぜひこの取り組みを環境省内でも共有させていただきます。皆で脱炭素をめざせるよう、環境省でも多くの企業や業界に呼びかけを行っていきたいと思います。

そのほか、小泉大臣からは「青井さんがESGや再エネの活動に想いが入るようになったきっかけは?」「ESGの取り組みを推進しているおすすめ企業はありますか?」など、ご質問をいただきました。


saiene_09_02.jpg(左から)青井、小泉環境大臣、みんな電力(株) 代表取締役社長 大石 英司さん

丸井グループは、今後も「みんなで再エネ」プロジェクトの活動を通して、再エネへの取り組みをさらに進め、サステナブルな社会に貢献したいという想いを持つお客さまと一緒に、低炭素社会や循環社会の実現をめざしてまいります。

「みんなで再エネ」プロジェクトについて、詳しくは9月中旬にあらためてこちらのサイトでお伝えいたしますので、ぜひご覧ください!

  • ニュースリリース「『みんなで再エネ』プロジェクトスタート!~お客さまと一緒にCO2を削減しサステナブルな社会へ~」
  • みんな電力(株)さまと推進する「みんなで再エネ」プロジェクトについては、こちらのリリースをご覧ください。
  • https://www.0101maruigroup.co.jp/pdf/settlement/20_0901/20_0901_1.pdf
この記事に関するTweet

記事一覧

施設の予約・順番受付サイトを運営するEPARKとの協業が拡大中!
予約・順番受付サイトなどを運営する(株)EPARKとの協業として、店舗やエポスカードでの取り組みが進んでいます!

再生可能エネルギー100%で暮らす「みんなで再エネ」プロジェクト
エポスカードとみんな電力が、消費電力を再生可能エネルギーに簡単に切り替えられるサービスを開始しました。

新会社「D2C&Co.」のWebサイトをアップデート
D2Cのエコシステムを支援する丸井グループの新会社「D2C&Co.」のサイトが、D2Cの皆さまの声をもとに進化しました!

体験型店舗「b8ta」が新宿マルイ 本館にオープン!
新宿マルイ 本館に、シリコンバレー発の体験型店舗「b8ta」がオープン!店内の特徴や、記者発表の様子をお伝えします。

落合 陽一氏の個展が渋谷モディにて開催中!
落合 陽一氏の個展が渋谷モディで開催中!さらに落合氏の番組「WEEKLY OCHIAI」に当社代表の青井が参加しました。

お取引先さまとの共創により、運営受託ショップが広がっています
お取引先さまのリアル店舗出店をサポートする丸井の「運営受託」により、新たなショップの導入が進んでいます。

ミライロ初のリアル店舗「ミライロハウス TOKYO」をご紹介します!
ミライロ初のリアル店舗がオープン!「ようこそ、みんなが心地いい未来へ。」というコンセプトの具現化をめざします。

国内初のブラインドサッカー専用コート「MARUI ブラサカ!パーク」がオープン
ブラインドサッカー日本代表選手のさらなる活躍と将来世代の育成をめざし、丸井研修センター内に新たな施設が完成しました!

メルカリ初の旗艦店「メルカリステーション」が新宿マルイ 本館にプレオープン!
フリマアプリ「メルカリ」を“体験しながら学べる”リアル店舗がマルイに登場!丸井グループ社員が運営を受託しています。

BASE株式会社との協業を通して、お取引先さまのネットショップ開設を支援
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるお取引先さまに向けた、BASE(株)との協業の取り組みをご紹介します。

再生可能エネルギーの電力を供給する小売電気事業をスタート
「RE100」に加盟する丸井グループ。再生可能エネルギーの持続的な導入に向けた取り組みが進んでいます!

『多数欠』アニメ化プロジェクトを丸井グループが後援
クラウドファンディングでアニメ化をめざす人気マンガ『多数欠』。目標額達成に向け、丸井グループも後援しています!

メルカリとの共創を通じて「売らない店」の拡大をめざす
「売らない店」を標榜する丸井が、なぜメルカリと業務提携したのか?その理由をお伝えします。

D2Cのエコシステム構築をめざし、新会社「D2C&Co.」が始動
D2Cエコシステムの発展をめざして設立した新会社「D2C&Co.」の記者発表会の様子をご紹介します。