ゆびNews
2021.8.20

サステナブルなファッションの選択肢をすべての人に(前編)

人や環境に優しい洋服だけを集めたセレクトショップ「Enter the E」の代表を務める植月 友美さんの、ファッションに対する想いをおうかがいしました。前編では、子ども時代から丸井グループに勤めていた時期の失敗談など起業までの道のりをご紹介します。

子どものころからファッションに囲まれた生活

ーファッションビジネスに興味を持ったきっかけを教えてください。

もともと、子どものころからファッションが好きだったというのもあって、「大人になってもファッションで商売をしていくのだろう」となんとなく思っていました。祖父が洋品店をやっていたり、母親も洋裁が得意だったり、小さい頃から家に工業用のミシンが何台もあり、洋服との接点が幼少期からあったからだと思います。
高校を卒業してすぐ古着のバイヤーを始めたのですが「買付やグローバルビジネスを学びたい」と思い、4年間ぐらい留学しました。そこでファッションにおける経営や必要な知識を身に付けて、感性だけではなく、理論的に利益が出るような仕組みを学びました。デザイナーを志していた時期もあるのですが、「デザインは何のために必要なんだろう」というところから考えてしまうため「クリエーションは向いていない」と当時思いました(笑)

帰国後は丸井グループへ入社

E0.jpeg
植月 友美さん

ー丸井グループへの入社のきっかけはなんですか?

ニューヨークで働いていた時に病気をわずらってしまい、急遽日本へ帰国しました。「また海外に戻りたい」と思う気持ちもありましたが、「せっかくだからこの機会に、自分のやりたいことを日本で試せるかもしれない」「海外で学んだマネジメントやバイヤーの経験を日本の企業で活かすために、日本のファッションビジネス経営が学べる会社に入りたい」と考えるようになりました。帰国したタイミングでは、新卒や中途採用を募集する企業が少なったのですが、偶然丸井グループさん(以下、丸井)を知りました。
丸井に興味を持った理由は、若者のファッションだけでなく、歯科矯正や車の運転免許など、生まれた境遇に関係なくどんな方へもライフスタイル全般を支援していて「ビジネスの広げ方がすごくおもしろい会社だな」と思ったからです。企業に勤めることで経営のノウハウが学べる点や、私たち若者が困っているところに、手を差し伸べるような事業を行っている点に惹かれて入社を決めました。

仕事は常に戦略視点で。お客さまニーズの大切さを学んだ商品開発

2006年の秋に入社、最初の配属はレディスアパレルショップだったのですが、「自分の働いている会社を良くしたい」と強く思っていたので、「自分のやりたいことを実現するには、次に社内でどのような仕事についたらいいのか」と日々考えていました。やりたい仕事をやるためには、今いる場所で評価をされる必要があると考え、戦略を立てて日々業務にあたっていました。例えば、店長に自分の志や、実現したいこと話したり、フェアートレードやエシカルファッションが海外で拡大していることを伝えたくて資料にまとめて渡したりもしていました。今思えば生意気だったと思います。(笑)

入社して1~2年たった後、商品開発をしている部署に異動となりました。今まで学んできたことが活かせるスタート地点にようやく立つことができたと思いました。そのくらいの時期から丸井では商品を企画する段階で、「お客さまのニーズを聞いて仮説を立てる」ということを大切にしていたのですが、目の前の人の声をまずは素直に聞いて仮説を立てる手法がすごく勉強になりました。この時の経験は、マーケティングをする上で、ペルソナの設計や人の心理のインサイトをつかんだ商品開発ど、現在のビジネスにも役立っています。

人生での大失敗。自分のためだけに生きる虚しさに気づかせてくれた借金

入社して2年たち、「会社を良くしたい」という志はあるものの実務経験がなく、パフォーマンスをうまく上げられない日々が続きました。努力をしても20点、30点の結果しか出せなくて、悔しくて悩んで、「楽しいことをしよう」と自分の大好きな洋服をたくさん買いすぎた結果、多額の借金をつくってしまいました。
その時に、部屋を埋め尽くすたくさんの服を見て、自分の目先の欲に振りまわされ、自分のためだけに消費する虚しさを感じました。もともとビジネスを通じて「ファッションを世の中や人のためになるものにしたい」と思っていたのに、自分のためだけに生きることの虚しさと、何のために働き生きているのかわからなくなってしまうぐらいの人生のどん底にいました。どん底の中わいてきたのは「どうせ生きるなら誰かや何かの役に立ってから死のう」という気持ちでした。

「誰かのために」新しいビジネスがしたい

E4.jpg

ー新規事業コンテストに応募したきっかけを教えてください。

「誰かのために生きよう」と思った時に、いろいろなビジネスのアイディアが出てきたのですが、ちょうどそのタイミングに社内で賞金がもらえる新規事業コンテストが開催されました。賞金が100万円だったので、「借金は返せるし、自分が考えていたソーシャルビジネスができるし、なんて良いチャンスなんだ!」と思い参加しました。やりたいことがたくさんある中で最終的に絞った企画は、「お客さまが育てたオーガニックコットンを使って自社で服をつくり、着てもらう」という、服づくりの過程を知りながら楽しめる参画型のファッションビジネスでした。利益計画を出すために、会社が所有するグラウンドでどのぐらいの綿花が育てられるかを調べ、本気で収穫高計算したりしました。

このテーマにいたったきっかけは、「自分の好きな服で世の中に貢献したい」「自分だけが楽しむ服ではなく、社会も良くする服や仕組みをつくりたい」との想いから、初めて洋服をつくる背景について調べたことでした。自然由来の素材であれば地球環境にも迷惑をかけていないと思っていましたが、コットンを安く早く大量に生産するために大量の農薬を使用し、そのせいで土壌を枯らしてしまったり、綿花を育てる農家の方が農薬により命を落とされていたり、皮膚が薬品でボロボロになってしまうことを知り、衝撃を受け絶望的な気持ちになりました。服が環境破壊とつくる人の犠牲のうえで成り立っている問題や課題の解決と、自分の人生の失敗をどう活かしたらいいのかと考えた時 に、「服を生産してくれている途上国の人や、次の世代の人に迷惑をかけない社会をつくりたい」と思いました。その結果、「コットンを自分たちでつくって着る【自産自着】にすれば誰にも迷惑がかからない」という発想になりました。

新規事業コンテストでは、敢闘賞をもらいましたが落選しました。その後も「ファッションビジネスの構造を変えたい」と強く思い、コンテストがあるたびに同じ内容をアップデートして応募していました。ファッションが成り立っている背景を知ってしまった以上、「これまで服をたくさん買うことで加担してきた分を服で恩返しをしたい」「構造を変えることで自分自身も救われたい」という強い想いがありました。今思えば、安直な考えだったかもしれないですが、「これをやることで会社も良くなり、世の中の困っている人も地球も助けることができる」という考えから、当時はどうしても丸井の中でやりたいと固執していました。

自分の気持ちに素直に起業の道へ

ーなぜ起業の道を選んだのですか?

オーガニックコットンの【自産自着】の事業を諦めきれないものの、社内で実現するには自分の力不足で乗りこえられないことが非常に多くなかなかうまくいかず、また会社が求めている事業の大きさや利益のインパクトが自分の考えている規模感と差分があることを感じていました。会社では「社会を変えたいことを本音で話したら馬鹿にされるんじゃないか」と、心の灯を置き去りにして仕事をしていたのかもしれません。

一年、また一年と時間が過ぎる一方で、解決にいたらない大量生産・大量消費における労働搾取の問題や、地球温暖化のニュースを聞くたび、心のマグマがふつふつと煮えたぐっていました。「何をこんなにのんびりしてるんだ」と自分に腹が立ち、衣類が引き起こす環境破壊を解決する事業を立ち上げようともう一度勉強を始めました。グラミン銀行*のユヌスさんが来日された際、「誰でも社会を変えることができる、誰でも生まれながらにして社会起業家になれる」という言葉を聞き、心のマグマが一気に爆発し「私は何を待っていたんだ」と気づかされました。「待っていても社会は変わらないし、誰もやってくれない、やりがいより生きがいを大事にしたい」と思い、起業の道を選びました。
*貧困や生活困窮の状態にある方々に低利・無担保で少額の融資を行い、起業や就労によって貧困や生活困窮から脱却し自立するのを支援する銀行

サステナブルなファッションの選択肢を届けたい

E1_0.jpg E2_0.jpg
「Enter the E」有楽町マルイ ショールームストア

「人や地球に迷惑をかけないで服を楽しめる社会をつくりたい」との想いで独立した後も、オーガニックコットンを自産自着する体験型農園の事業を本気で展開することにやはり固執していました。しかし、一番の盲点は一年で獲れる生産量で、体験で1年で生産できるオーガニックコットンは、一人12枚のTシャツの量が取れるかどうかでした。参加者が毎日当たり前のように、人や環境に迷惑をかけない服を着ることができるようになる年月を想像するとぞっとしました。あくまで私がやりたいことは、地球やつくる人に迷惑をかけない社会の実現なので、この方法では何年もその方たちを環境破壊に加担し続けさせることになってしまうと思いました。

「もっと早く環境や人に配慮しているエシカルな服を提供しなければ」と改めて世界のマーケットを見渡した時に、日本における圧倒的な選択肢の少なさが目立ちました。改めて調べただけでも海外には700以上ものエシカル、サステナブルな服を提供するブランドがあるのに、日本は欧米にくらべて10年くらい遅れており、エシカルファッションの種類が少ないうえに、ほとんど流通していないことがわかりました。
当時、日本で流通しているエシカルファッションは環境ファーストで価格が高かったり、工程が人道的でも着ていく場所を選びそうなデザインだったり、デザインと品質や価格のバランスが取れていないため一部の人にしか買ってもらえないようなものが多い印象でした。
そのような背景から、人や環境に配慮している服が当たり前の選択肢として当たり前にみなさんに届けられるように土台形成をしようと決め、「まずは選択肢を増やす」と決めて、セレクトショップ「Enter the E」をスタートさせました。

<植月 友美>
「Enter the E」CEO。GEORGE BROWN COLLEGE(ジョージブラウンカレッジ)FASHION MANAGEMENT卒。18歳からファッション業界に入り古着のバイヤーなど経験。グローバルビジネスを学ぶため渡加、渡米。COLLEGE卒業後 NYで就労を経験、帰国後12年間(株)丸井グループでバイイング、商品企画、商品開発、マーケティングなどを担当。2009年、ずさんなファッション業界の環境破壊を目の当たりにし、人や地球に迷惑をかけずに洋服を楽しめる社会をつくることを決意。人生をかけて、「地球と人が服を楽しめる社会の両立」の実現に挑む。

<次回後編は、8月下旬に更新予定!>
後編は「Enter the E」に込めた想いやセレクトしているブランドの紹介、植月さんの今後やりたいことをお届けします。植月さんの行動力や熱い想いに心を動かされ、植月さんや「Enter the E」のことがもっと知りたいと思いました。次回もお楽しみに!

この記事に関するTweet

記事一覧

アイカサ・東大OEGsとワークショップを共催
アイカサの5年後について、サーキュラー・バイオエコノミーの観点から事業提案を行うワークショップを共同開催しました。

「PARK by CAMPFIRE」が渋谷モディにオープン!
クラウドファンディングCAMPFIREの常設型交流スペース「PARK by CAMPFIRE」が渋谷モディにオープン!

Podcast「リサーチPod」始めます!
ひっそりと公開を始めたPodcast「リサーチPod」。どういった目的で立ち上げたのか、担当者に聞いてみました!

アプリ甲子園が熱い!将来世代のチャレンジを応援!
中学生・高校生アプリ開発者が一堂に会したアプリ甲子園決勝大会の様子をお届けします。

意識を浪費する文化にメス 目標や願望を実現できる社会を創る
日本独特の「空気を読む」文化と、自意識のダブルパンチを乗り越える、マイナス感情で意識のハコを埋めないための工夫とは。

参加者募集中!将来世代と取り組む新規事業創出プログラムとは
学生のアイデアで新規事業の創出をめざす「Future Accelerator Gateway」第2弾を開催!

気持ちが上がるメイクを男性にも「BULK HOMME THE STAND 」
メイク経験がない丸井グループ社員がBULK HOMMEのメイクアップを初体験することでその魅力に迫ります!

新宿から世界へ「メンズビューティの革新と発信」
BULK HOMMEフラッグシップショップに込めたメンズビューティやショップへの想いをお届けします。

楽しく学ぼう!環境に優しい傘づくりイベント
環境に配慮した傘を制作・販売しているサエラによる楽しく学べる子ども向け傘づくりワークショップをマルイの店舗で開催!

町田マルイで人気パンの予約イベント「パンミッケ!」を開催します!
人気のパンが事前予約で買えるイベント「パンミッケ!」を町田マルイで開催!個性豊かなパンをご紹介します。

マルイで食べられるヴィーガンフード!「北千住マルイ 蓼科庵」
北千住マルイ9F 蓼科庵の「精進そばとそいむすのセット」「大豆ミートの唐揚げ丼」をリポートします!

神戸マルイ×将来世代の共創の取り組み
神戸マルイでの神戸学院大学の皆さんとの取り組みや、近隣学校の職業体験受け入れについてお伝えします!

サステナブルなファッションの選択肢をすべての人に(後編)
人や環境に配慮したセレクトショップ「Enter the E」代表の植月さんの想いやショールームストアをご紹介します。

「Marui Co-Creation Pitch #02」開催決定!
丸井グループが幅広い事業アイデアを募集する「Marui Co-Creation Pitch #02」開催決定!

リサイクルフラワーとデジタル映像の融合「HANABI FLOWERS」バーチャル花火
マルイ×NAKEDさまによる初コラボレーション「HANABI FLOWERS」のご紹介や込められた想いをお届けします。

マルイで食べられるヴィーガンフード!「新宿マルイ 本館 フタバフルーツパーラー」
マルイで食べられるヴィーガンフードをご紹介する企画。今回は、新宿マルイ 本館の「フタバフルーツパーラー」をご紹介!

「おそらく、大体正しい」で進む 複雑系に対応するヒント
ウェルネス経営の指標はどう定めるべきか?「PAC理論」を例に挙げ、本質的な目的の達成に向けた試行錯誤の方法を考えます。

マルイで食べられるヴィーガンフード!渋谷マルイ「マイラーメン グラスヌードルショップ」
普通のラーメンとの違いやヴィーガンラーメンの魅力、開発へ込めた想いをレポートします♪

アイカサと「U22応援プラン」を始めます!
“誰でも雨の日を快適にハッピーに!”丸井×アイカサ×将来世代で使い捨て傘の文化を変える「U22応援プラン」をスタート

おいしいパンをお届け!新サービス「パンミッケ!」スタート
新サービス「パンミッケ!」のモバイルオーダーイベントを開催!おすすめのパンや、新規事業の裏側をお伝えします。

ヴィーガンスイーツ食べ比べBOXお取り寄せレポート
5月より新しくスタートした、ヴィーガンスイーツの食べ比べボックスのレポートをお届けします。

ブラインドサッカー見学会・体験会を開催!
国分寺マルイが国分寺市、日本ブラインドサッカー協会と協力し、ブラインドサッカーイベントを開催しました!

日本初!サステナブルな素材のクレジットカードを発行
「廃棄プラスチックのリサイクル素材」の切り替えがスタートしました。

「慣行」で働く喜びを高める タフでしあわせな組織へ
管理職が「4つの健康」を学ぶ、レジリエンスプログラムについてご紹介します。困難に強くしあわせな人を育む組織の慣行とは。

「東京レインボープライド2021」を応援します!
今年も丸井グループはオンラインでの開催となる「東京レインボープライド2021」に参加します!

「インクルージョンフェス2021」をマルイ各店で開催しました!
今年のインクルージョンフェスは、店舗とオンラインにて開催!マルイ各店で行ったイベントの様子をご紹介します。

丸井錦糸町店でSDGsについて考える「ハッピーウィーク」開催しました!
丸井錦糸町店で、SDGsについて楽しみながら考える「ハッピーウィーク」が開催されました。

「MARUI TOCLUS(マルイトクラス)吉祥寺」オープン!
「マルイと暮らす」新しいシェアハウス。コンセプトやサービス、施設の内容をご紹介します。

「インクルージョンフェス2021」をオンラインで開催しました!
ダイバーシティ&インクルージョンやウェルネス経営の取り組みを体感していただけるイベントを、オンラインと店舗で実施!

丸井グループの「次世代経営者育成プログラム」ってどんなことをやっているの?
人材投資に力を入れる丸井グループ。今回は、次世代経営者育成プログラムの活動をご紹介します!

健康経営が生み出す価値 そもそも健康とは
生き生きとして活力の高い状態に近づく、「本来の健康」をめざす取り組みとは?丸井グループ社員の事例をご紹介します。

「talikiファンド」へ出資!将来世代の社会起業家をエンパワーします!
社会課題解決ベンチャー特化型の「talikiファンド」へ出資!3月15日(月)に行われた記者発表会の様子をお届けします。

韓国コスメ好き社員が選ぶ!おすすめコスメ3選
韓国コスメが大好きな丸井グループ社員が、KOREAJUのECサイトやイベントで購入できるおすすめコスメをご紹介します!

将来世代との共創による「SDGs展示会」を、有楽町マルイにて開催しています!
将来世代である学生さんたちのSDGsをテーマにした作品を通して、世の中に新たな価値を提供します!

丸井グループのインクルーシブな取り組みを体感!「インクルージョンフェス2021」を開催します!
丸井グループのインクルーシブな取り組みを体験・体感していただけるさまざまなイベントを、店舗とWebで開催します!

国際基督教大学でサステナビリティについて講義を行いました!
国際基督教大学の学生の皆さんに、丸井グループや世の中のサステナブルな取り組みについてお話しさせていただきました!

思考を「成長モード」に転換 コロナ禍と社員の士気
防戦一方となりがちなコロナ禍においても、思考を成長モードに切り替えるべき理由とは?

「SCビジネスフェア2021」にエイムクリエイツが出展しています!
空間プロデュース事業などを手がける丸井グループの子会社エイムクリエイツが、SCビジネスフェアにブース出展しています。

国分寺マルイのバレンタインテーマは「様々な想いのカタチ」
皆の想いをつなぐきっかけになりますように。国分寺マルイでは、性別にとらわれないバレンタインのあり方を提案しています。

中野マルイ、おかげさまで10周年!
中野マルイは今年でリニューアルから10周年!キリンビールさまとのコラボイベントなど、感謝祭の様子をお伝えします。

VUCA時代を生き抜くには 健康からウェルネスへ
社員がイキイキと働くための「ウェルネス」について、産業医と執行役員の2つの顔を持つ丸井グループの小島 玲子が解説します。

韓国コスメのセレクトショップ「KOREAJU」が店舗・ECでオープン!
丸井グループ発の韓国コスメセレクトショップがオープン!有楽町マルイでは期間限定で人気コスメをお試しいただけます。

内定者と共に創る就活イベントを初開催!
丸井グループの内定者とともに、高校生や大学生などの将来世代の皆さまに向けた就活イベントを開催しました!

投資家さま向け共創サステナビリティ見学会を開催しました!
投資家の皆さまに丸井グループの共創サステナビリティ経営を理解していただくことを目的に、有楽町マルイで見学会を行いました。

コーヒーのサブスクを展開する「PostCoffee」の世界観を体験!
自分に合ったスペシャルティコーヒーを体験できる「PostCoffee」のポップアップショップを渋谷モディで開催しました。

サステナブルな企業と出会う就活イベント「電力就活」に参加しました!
各社のサステナブルな取り組みや、みんな電力(株)さまの「電力就活」にかける想いなどについて紹介しています!

「PHOEBE BEAUTY UP」ポップアップショップを有楽町マルイで開催しました!
「PHOEBE BEAUTY UP」の世界観を感じられる初のポップアップショップが有楽町マルイで開催されました。

ロスフラワーを使用したオブジェがマルイ・モディ各店に登場!
コロナ禍で活躍の場を失った花々に新たな命を吹き込み、オブジェを制作しました。マルイ・モディ各店でぜひご覧ください!

「青春マッチング ―残すべきステージが、ここにある。―」サイトを開設しました!
「コロナ禍の今、思い通りに表現できるステージがない!」一度しかない青春を輝かせたい、そんな皆さまを応援するサイトです!

日比谷音楽祭公式YouTubeチャンネルに丸井グループが登場!
フリーで誰もが参加できる、ボーダーレスな音楽祭「日比谷音楽祭2020」に、協賛企業としてインタビューしていただきました!

ヤマトグループと丸井グループの協業で、ECの商品受取がさらに便利に!
ヤマト運輸さまとの協業で、さまざまなECサイトでの購入商品の受取が、マルイ・モディ店舗でできるようになりました!

D2Cブランドとの共創メディア「5PM Journal」がオープン!
未来のカルチャーの共創メディア「5PM Journal」について、ブランドの声や担当者の想いなどをお伝えします!

オランダNo.1チョコレートメーカー「トニーズ・チョコロンリー」の日本初上陸を支援しています!
「フェアトレード」「スレイブフリー」を掲げるトニーズさまの支援を通して、サステナブルな社会の実現をめざします!

ペットボトルごみの削減をめざすサービス「Q-SUI」を体験してきました!
9月末より実証実験がスタートした給水サービス「Q-SUI」について、加盟店さまや担当者の声も交え、レポートいたします!

駿河屋との共創で実現!丸井グループの物流網と店舗を活用した新サービス
「駿河屋.jp」を運営する(株)エーツーさまとの協業により、マルイ店舗での買取商品受付・受取サービスがスタートしました!

「青空メルカリ体験」を新宿マルイ 本館にて開催しました!
フリマアプリ「メルカリ」を使った出品体験などを通して、親子でお金やモノの価値について学んでいただきました!

お店とネットで!人気パンが大集合「パンフェスティバル」開催中
北千住マルイで11月17日(火)まで開催中!全国各地の人気パンをお店とネットの両方でお楽しみいただけます。

【将来世代との対話】Z世代会議を実施しました!
グループ公認イニシアティブ「共働き2.0」の活動として、将来世代の皆さんのお話を聞く「Z世代会議」を開催しました。

丸井グループは九州レインボープライドに参画しています!
丸井グループもブース出展している九州レインボープライドが、11月7・8日にオンラインで開催されます。

【予告】「Marui Co-Creation Pitch 2021」 開催のお知らせ
オープンイノベーションの新たな取り組みとして、スタートアップ向けのピッチイベントをサムライインキュベートとともに開催!

将来世代とのオープンイノベーションによる新規事業創出の取り組みをスタート!
大学生・大学院生から参加者を募り、丸井グループ社員とともにチームを組んで新規事業を創出するプログラムを開催します!

施設の予約・順番受付サイトを運営するEPARKとの協業が拡大中!
予約・順番受付サイトなどを運営する(株)EPARKとの協業として、店舗やエポスカードでの取り組みが進んでいます!

再生可能エネルギー100%で暮らす「みんなで再エネ」プロジェクト
エポスカードとみんな電力が、消費電力を再生可能エネルギーに簡単に切り替えられるサービスを開始しました。

新会社「D2C&Co.」のWebサイトをアップデート
D2Cのエコシステムを支援する丸井グループの新会社「D2C&Co.」のサイトが、D2Cの皆さまの声をもとに進化しました!

小泉環境大臣との意見交換会で新サービスをご紹介しました!
当社代表の青井がみんな電力 大石社長と、小泉大臣との意見交換会に参加。CO₂削減をめざす新サービスをご紹介しました。

体験型店舗「b8ta」が新宿マルイ 本館にオープン!
新宿マルイ 本館に、シリコンバレー発の体験型店舗「b8ta」がオープン!店内の特徴や、記者発表の様子をお伝えします。

落合 陽一氏の個展が渋谷モディにて開催中!
落合 陽一氏の個展が渋谷モディで開催中!さらに落合氏の番組「WEEKLY OCHIAI」に当社代表の青井が参加しました。

お取引先さまとの共創により、運営受託ショップが広がっています
お取引先さまのリアル店舗出店をサポートする丸井の「運営受託」により、新たなショップの導入が進んでいます。

ミライロ初のリアル店舗「ミライロハウス TOKYO」をご紹介します!
ミライロ初のリアル店舗がオープン!「ようこそ、みんなが心地いい未来へ。」というコンセプトの具現化をめざします。

メルカリ初の旗艦店「メルカリステーション」が新宿マルイ 本館にプレオープン!
フリマアプリ「メルカリ」を“体験しながら学べる”リアル店舗がマルイに登場!丸井グループ社員が運営を受託しています。

BASE株式会社との協業を通して、お取引先さまのネットショップ開設を支援
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるお取引先さまに向けた、BASE(株)との協業の取り組みをご紹介します。

再生可能エネルギーの電力を供給する小売電気事業をスタート
「RE100」に加盟する丸井グループ。再生可能エネルギーの持続的な導入に向けた取り組みが進んでいます!

『多数欠』アニメ化プロジェクトを丸井グループが後援
クラウドファンディングでアニメ化をめざす人気マンガ『多数欠』。目標額達成に向け、丸井グループも後援しています!

メルカリとの共創を通じて「売らない店」の拡大をめざす
「売らない店」を標榜する丸井が、なぜメルカリと業務提携したのか?その理由をお伝えします。

D2Cのエコシステム構築をめざし、新会社「D2C&Co.」が始動
D2Cエコシステムの発展をめざして設立した新会社「D2C&Co.」の記者発表会の様子をご紹介します。

おすすめ記事