#企業価値

続・「分断」と「調和」を分けるもの 自己変容を促す仕組み
困難な状況や複雑な変化に対応する「適応的知性」を高めるためには?丸井グループでの事例もあわせてご紹介します。

「分断」と「調和」を分けるもの 誰もが生きやすい社会をつくる
多様性を「調和」と「分断」に分ける、人間の知性や組織のあり方とは。4段階に分かれる「適応的知性」について掘り下げます。

0か1かではない、グラデーションの中で生きる
ゲストは髙木ビル 代表の髙木 秀邦さん。異色の経歴を持つ髙木さんに、つながりの場をつくる理由をお聞きしました。

産業医の仕事の根幹はWell-being しあわせを感じられる調和した社会へ
「しあわせ」は何からできている?6つの要素に分け、本質を問います。

失敗への自然な反応を超えて 非難からは何も生まれない
「失敗から学びを得る」文化を醸成するための組織文化について考えます。

将来世代の未来のために丸井グループがすべきこと
丸井グループの今とめざす姿が分かる「共創経営レポート2021」を発行しました。

Podcast「リサーチPod」始めます!
ひっそりと公開を始めたPodcast「リサーチPod」。どういった目的で立ち上げたのか、担当者に聞いてみました!

意識を浪費する文化にメス 目標や願望を実現できる社会を創る
日本独特の「空気を読む」文化と、自意識のダブルパンチを乗り越える、マイナス感情で意識のハコを埋めないための工夫とは。

「おそらく、大体正しい」で進む 複雑系に対応するヒント
ウェルネス経営の指標はどう定めるべきか?「PAC理論」を例に挙げ、本質的な目的の達成に向けた試行錯誤の方法を考えます。

次のページへ