#企業価値

仕事はなぜ「苦役」なのか 働く喜びを考える(2)
人が「苦役」だと感じる仕事は、余暇よりも没頭している"フロー"の時間が長い?根強いステレオタイプの前提を覆すには。

活動の原点となった「フロー理論」 働く喜びを考える(1)
仕事が忙しくても熱中できる人が体験している“フロー”とは?

Well-beingの根幹要素「運動」 適応的知性に影響する要素(3)
「運動」は健康だけでなく、不安やうつを回避したり、変化や困難への対応に良い影響を与えます。

決定的な時こそ、食べる 適応的知性に影響する要素 (2)
プロが試合の合間に食べるのはお腹が空いているからではない!?"食べる"ことが適応的知性に及ぼす影響とは。

睡眠不足は変革のボトルネック 適応的知性に影響する要素(1)
体の機能だけでなく、思考力なども低下させる危険性がある「睡眠不足」について、印象的な実話を語ります。

続・「分断」と「調和」を分けるもの 自己変容を促す仕組み
困難な状況や複雑な変化に対応する「適応的知性」を高めるためには?丸井グループでの事例もあわせてご紹介します。

「分断」と「調和」を分けるもの 誰もが生きやすい社会をつくる
多様性を「調和」と「分断」に分ける、人間の知性や組織のあり方とは。4段階に分かれる「適応的知性」について掘り下げます。

0か1かではない、グラデーションの中で生きる
ゲストは髙木ビル 代表の髙木 秀邦さん。異色の経歴を持つ髙木さんに、つながりの場をつくる理由をお聞きしました。

産業医の仕事の根幹はWell-being しあわせを感じられる調和した社会へ
「しあわせ」は何からできている?6つの要素に分け、本質を問います。

次のページへ