ゆびNews
2021.3.6

国際基督教大学でサステナビリティについて講義を行いました!

1月29日(金)、国際基督教大学の授業に、丸井グループ サステナビリティ部の社員がオンラインで参加し、企業のサステナビリティの取り組みやESGについてお話しさせていただきました。「企業がサステナブルな消費を促進するためには」をテーマにグループワークをしていただくなど、将来世代である皆さんとの貴重な対話の機会となりました。今回は、質疑応答やグループワークなど、対話の様子を中心にお伝えします!

丸井グループでの取り組みをご紹介!

企業のESGやSDGsなどのさまざまな取り組みについて学ぶ授業「企業金融特別講義II」で、丸井グループ サステナビリティ部社員が、世の中や丸井グループのサステナビリティに関する取り組みについてお話しさせていただきました。

202102_icu_6.JPG
お客さまへのアンケートでは、「環境配慮」の取り組みを求める声が全年代で7割以上から上がっています
202102_icu_4.JPG
2020年7月にプラスチック製から紙製ショッピングバッグに切り替えを実施
100%リサイクル紙を使用
202102_icu_3.JPG
インクルーシブで豊かな社会を実現するべく、環境配慮だけでなくさまざまなことに取り組んでいます!

*丸井グループのサステナビリティへの取り組みについてお伝えしているこちらのゆびNewsもぜひご覧ください。

投資家さま向け共創サステナビリティ見学会を開催しました!
ペットボトルごみの削減をめざすサービス「Q-SUI」を体験してきました!
再生可能エネルギー100%で暮らす「みんなで再エネ」プロジェクト

学生の皆さんからはこんな質問をいただきました!

――本業である小売・フィンテックの事業と関係がなさそうなサステナビリティ分野を推し進めることで、経営への弊害はないのですか?

サステナビリティと一見関係がなさそうに見える分野でも、ビジネス・利益と重なり合う事業や取り組みは実はたくさんあります。若者を中心としたすべての人のお金の不安を解消するために設立したtsumiki証券もその一例です。
また、「環境破壊」や「SDGs」などの社会課題に関する言葉を、皆さんのような今の若い世代の方は小さいころから耳にしていますよね。2024年にはミレニアル・Z世代が労働人口の半数を超えると言われています。したがって、今から積極的に取り組み、今後さらに社会課題に対するお客さまのニーズが高まった時に対応できることが大切だと思っています!
また、丸井グループでは、「株価がEPSをどれだけ上回ったか=ESGプレミアム」という指標を設けています。これによると、ESGの取り組みが加速し始めた2015年3月期以降、ESGプレミアムが拡大しています。これは、ESGが企業価値として評価されるようになったからだと考えています。

202102_icu_5.JPG
ESGプレミアムのグラフ

――ごみの分別など、社会課題の観点から企業に改善してほしいことがある場合、消費者としてどのような行動を取れば良いですか?

社会課題解決に対して、最初から完璧なアクションを起こすのは難しいので、取り組みが足りていない部分もたくさんあると思います。なので企業が改善を重ねられるよう、そういったことを見つけたら、発信していただければと思います。企業も敏感になっていますし、消費者の皆さんの声に教えていただくこともたくさんあります。

――ESG投資が盛んな海外では、投資家からの声を理由にESGに取り組む企業が多いと感じていますが、御社でESGに取り組み始めたきっかけは何かありましたか?

もともと私たちはCSRとしてスタートしましたが、「企業が社会に対して責任を持つ」という意味を持つCSRは、「本業とは別」という位置づけの印象が否めず、「本業を通じて社会貢献がしたい」丸井グループにとって違和感がありました。「環境・社会・ガバナンスの3つの要素に十分な配慮が必要だ」というESGは、丸井グループが達成したい「本業を通じた社会へのお役立ち」に通じ、めざしているものに合致していると感じました。
ESG推進部ができてからは、さまざまな外部機関に評価をしていただき、足りていない点を改善し、統合報告書(共創経営レポート)などで開示するようにしています。

――お話を聞いて、丸井グループのサステナブルな取り組みは先進的だと感じました!他社との違いはどこにあるのでしょうか?

ビジネスを通じて取り組むことで、「単なる社会貢献ではなく、利益と社会課題解決を両立させよう!」という気持ちが強いことだと思います。再エネの導入によりコストは上がりますが、一方で再エネをお客さまにおすすめし、そのお支払いにエポスカードで使っていただくことで、きちんとビジネスと両立させていることが良い事例だと思います。
また、「これからどういう風に進められるか?」と、現状を起点に考える企業も多いと思いますが、丸井グループでは「目標とする未来に向けて、今何ができるか?」というバックキャスト思考で取り組みを進めています。「準備を万全にしてから始めるよりも、走りながら考える」というスピード感も特徴の一つかもしれません。

202102_icu_2.jpg
生徒の皆さんからは、たくさんのご質問をいただきました

「企業がサスティナブルな消費を促進するためには」というテーマでグループワークを実施

講義後は、「サステナブルな消費を促進するためには企業がどのようなことをすれば良いか」というテーマで、学生の皆さんに2チームに分かれていただき、グループワークを行いました。

・「脱プラスチック!」チーム

「環境に負荷をかけない新しい素材の開発」「店舗にドリンクサーバーを設置し、お客さまのマイボトルに飲みものの量り売りを行う」「使い終わったプラスチック容器を店舗に持ちこみ、ポイントを付与する」などの施策をご提案いただきました。

・「ファストファッションの課題解決!」チーム

労働・賃金・人権などに関する問題、大量生産による商品のライフサイクルの短期間化、マイクロプラスチックの問題から、ファストファッションの課題解決をテーマに考えていただきました。「フェアトレード商品をお客さまに訴求」「おしゃれとサステナブルを両立させる商品づくり」「すべての商品がサステナブルなお店づくり」という施策をご提案いただきました。

学生の皆さんに、講義後の感想をお聞きしました!

――講義を通して、意識に変化はありましたか?

  • ・「企業のESG活動は社会貢献」という印象を持っていたため、利益の話には驚きましたが、企業として継続的に活動を行うためには、ただの慈善活動ではなくビジネスとして収益を確保していくことが必要なのだと気づかされました。
  • ・「利益を追い求めるはずの企業がなぜSDGsに熱心に取り組むのか」という、企業のSDGsに対する姿勢を理解することができ、すっきりしました。
  • ・マイクロプラスチックの存在や、それが環境問題を引き起こしているという事実を知らなかったのですが、今回ファストファッションについて議論したことで、今まで意識していなかったエコな商品を買ってみたいと思いました。今回の講義を通して自分の意識が変わったように、学べる機会やサステナブルなものの存在価値を企業側から消費者へ訴えるような取り組みがもっとされれば、消費者の選択も変わってくると思いました。

――丸井グループの印象は変わりましたか?

  • ・これまではデパートの一つという認識でしたが、丸井グループの判断軸や価値観を知り、SDGsに取り組む姿勢が社会とビジネスの橋渡しになる、理想的な存在だという印象を持ちました。
  • ・丸井グループがESGにこれほど取り組んでいることを初めて知り、もっとほかの人にも知ってほしいと思いました!丸井グループが取り組みを広めていくことは、他企業への刺激にもなると思います。
  • ・丸井グループのSDGsへの積極的な姿勢を感じ、大きく印象が変わりました。コーポレートサイトも見て、SDGsだけでなく、女性の社会進出やLGBTQへのサポートにも取り組んでいるとのことで、さまざまな社会問題に向き合っていることが感じられました。これからも"すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会"を牽引する存在であってほしいです。

<「企業金融特別講義II」担当教員 金子先生より>

今回、学生たちが、初めて実在する企業を題材にESGやSDGsについて考え、議論する機会となりました。これまで、企業のESG活動の多くは機関投資家に背中を押されたことがきっかけという印象がありましたが、丸井グループでは「いかにビジネスに結びつけるか」という観点で思考されている印象で、これがまさにESG活動を持続可能にしている秘訣だと感じました。
学生からの率直な感想・質問も真正面から受け止め、丁寧にお答えいただいたことも、感謝しています。
また、皆さまが楽しそうにプレゼンされている様子から、風通しの良さのようなものを垣間見た気もしています。

担当者から振り返って

202102_icu_1.png
(左から)丸井グループ サステナビリティ部 桑江 真莉子、永井 英男

桑江:学生の皆さんのグループワークを通して、人によって興味のある社会課題は多岐にわたるとあらためて実感しました。企業においても個人においても、一人ひとりが解決したい課題や得意分野に取り組み、それが広がっていくことでさまざまな社会課題を解決していけたらと感じました。これからも多様な方々と一緒に取り組んでいきたいと思います!

永井:今回、学生さんの声をダイレクトに聞けたことで、サステナブルをビジネスにするには、エコなイメージだけでなく、「かわいい」「おしゃれ」「おいしい」といったきっかけをつくることが大事だとあらためて感じました。株主・投資家の方からのESGへの評価はいただいているものの、お客さまへは伝わっていない部分も多くあると感じているので、マルイに来店していただいた時に、サステナブルを感じられるような店舗づくりやブランディングを将来世代の皆さんともっと共創していければと思います。

  • 丸井グループコーポレートサイト サステナビリティページ
  • サステナビリティや、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みについて、詳しくはこちらをご覧ください
  • https://www.0101maruigroup.co.jp/sustainability/
この記事に関するTweet

記事一覧

参加者募集中!将来世代と取り組む新規事業創出プログラムとは
学生のアイデアで新規事業の創出をめざす「Future Accelerator Gateway」第2弾を開催!

気持ちが上がるメイクを男性にも「BULK HOMME THE STAND 」
メイク経験がない丸井グループ社員がBULK HOMMEのメイクアップを初体験することでその魅力に迫ります!

新宿から世界へ「メンズビューティの革新と発信」
BULK HOMMEフラッグシップショップに込めたメンズビューティやショップへの想いをお届けします。

楽しく学ぼう!環境に優しい傘づくりイベント
環境に配慮した傘を制作・販売しているサエラによる楽しく学べる子ども向け傘づくりワークショップをマルイの店舗で開催!

町田マルイで人気パンの予約イベント「パンミッケ!」を開催します!
人気のパンが事前予約で買えるイベント「パンミッケ!」を町田マルイで開催!個性豊かなパンをご紹介します。

マルイで食べられるヴィーガンフード!「北千住マルイ 蓼科庵」
北千住マルイ9F 蓼科庵の「精進そばとそいむすのセット」「大豆ミートの唐揚げ丼」をリポートします!

神戸マルイ×将来世代の共創の取り組み
神戸マルイでの神戸学院大学の皆さんとの取り組みや、近隣学校の職業体験受け入れについてお伝えします!

サステナブルなファッションの選択肢をすべての人に(後編)
人や環境に配慮したセレクトショップ「Enter the E」代表の植月さんの想いやショールームストアをご紹介します。

「Marui Co-Creation Pitch #02」開催決定!
丸井グループが幅広い事業アイデアを募集する「Marui Co-Creation Pitch #02」開催決定!

サステナブルなファッションの選択肢をすべての人に(前編)
「Enter the E」CEOの植月 友美さんのセレクトショップ起業まで想いやストーリーをお届けします!

リサイクルフラワーとデジタル映像の融合「HANABI FLOWERS」バーチャル花火
マルイ×NAKEDさまによる初コラボレーション「HANABI FLOWERS」のご紹介や込められた想いをお届けします。

マルイで食べられるヴィーガンフード!「新宿マルイ 本館 フタバフルーツパーラー」
マルイで食べられるヴィーガンフードをご紹介する企画。今回は、新宿マルイ 本館の「フタバフルーツパーラー」をご紹介!

「おそらく、大体正しい」で進む 複雑系に対応するヒント
ウェルネス経営の指標はどう定めるべきか?「PAC理論」を例に挙げ、本質的な目的の達成に向けた試行錯誤の方法を考えます。

マルイで食べられるヴィーガンフード!渋谷マルイ「マイラーメン グラスヌードルショップ」
普通のラーメンとの違いやヴィーガンラーメンの魅力、開発へ込めた想いをレポートします♪

アイカサと「U22応援プラン」を始めます!
“誰でも雨の日を快適にハッピーに!”丸井×アイカサ×将来世代で使い捨て傘の文化を変える「U22応援プラン」をスタート

おいしいパンをお届け!新サービス「パンミッケ!」スタート
新サービス「パンミッケ!」のモバイルオーダーイベントを開催!おすすめのパンや、新規事業の裏側をお伝えします。

ヴィーガンスイーツ食べ比べBOXお取り寄せレポート
5月より新しくスタートした、ヴィーガンスイーツの食べ比べボックスのレポートをお届けします。

ブラインドサッカー見学会・体験会を開催!
国分寺マルイが国分寺市、日本ブラインドサッカー協会と協力し、ブラインドサッカーイベントを開催しました!

日本初!サステナブルな素材のクレジットカードを発行
「廃棄プラスチックのリサイクル素材」の切り替えがスタートしました。

「慣行」で働く喜びを高める タフでしあわせな組織へ
管理職が「4つの健康」を学ぶ、レジリエンスプログラムについてご紹介します。困難に強くしあわせな人を育む組織の慣行とは。

「東京レインボープライド2021」を応援します!
今年も丸井グループはオンラインでの開催となる「東京レインボープライド2021」に参加します!

「インクルージョンフェス2021」をマルイ各店で開催しました!
今年のインクルージョンフェスは、店舗とオンラインにて開催!マルイ各店で行ったイベントの様子をご紹介します。

丸井錦糸町店でSDGsについて考える「ハッピーウィーク」開催しました!
丸井錦糸町店で、SDGsについて楽しみながら考える「ハッピーウィーク」が開催されました。

「MARUI TOCLUS(マルイトクラス)吉祥寺」オープン!
「マルイと暮らす」新しいシェアハウス。コンセプトやサービス、施設の内容をご紹介します。

「インクルージョンフェス2021」をオンラインで開催しました!
ダイバーシティ&インクルージョンやウェルネス経営の取り組みを体感していただけるイベントを、オンラインと店舗で実施!

丸井グループの「次世代経営者育成プログラム」ってどんなことをやっているの?
人材投資に力を入れる丸井グループ。今回は、次世代経営者育成プログラムの活動をご紹介します!

健康経営が生み出す価値 そもそも健康とは
生き生きとして活力の高い状態に近づく、「本来の健康」をめざす取り組みとは?丸井グループ社員の事例をご紹介します。

「talikiファンド」へ出資!将来世代の社会起業家をエンパワーします!
社会課題解決ベンチャー特化型の「talikiファンド」へ出資!3月15日(月)に行われた記者発表会の様子をお届けします。

韓国コスメ好き社員が選ぶ!おすすめコスメ3選
韓国コスメが大好きな丸井グループ社員が、KOREAJUのECサイトやイベントで購入できるおすすめコスメをご紹介します!

将来世代との共創による「SDGs展示会」を、有楽町マルイにて開催しています!
将来世代である学生さんたちのSDGsをテーマにした作品を通して、世の中に新たな価値を提供します!

丸井グループのインクルーシブな取り組みを体感!「インクルージョンフェス2021」を開催します!
丸井グループのインクルーシブな取り組みを体験・体感していただけるさまざまなイベントを、店舗とWebで開催します!

思考を「成長モード」に転換 コロナ禍と社員の士気
防戦一方となりがちなコロナ禍においても、思考を成長モードに切り替えるべき理由とは?

「SCビジネスフェア2021」にエイムクリエイツが出展しています!
空間プロデュース事業などを手がける丸井グループの子会社エイムクリエイツが、SCビジネスフェアにブース出展しています。

国分寺マルイのバレンタインテーマは「様々な想いのカタチ」
皆の想いをつなぐきっかけになりますように。国分寺マルイでは、性別にとらわれないバレンタインのあり方を提案しています。

中野マルイ、おかげさまで10周年!
中野マルイは今年でリニューアルから10周年!キリンビールさまとのコラボイベントなど、感謝祭の様子をお伝えします。

VUCA時代を生き抜くには 健康からウェルネスへ
社員がイキイキと働くための「ウェルネス」について、産業医と執行役員の2つの顔を持つ丸井グループの小島 玲子が解説します。

韓国コスメのセレクトショップ「KOREAJU」が店舗・ECでオープン!
丸井グループ発の韓国コスメセレクトショップがオープン!有楽町マルイでは期間限定で人気コスメをお試しいただけます。

内定者と共に創る就活イベントを初開催!
丸井グループの内定者とともに、高校生や大学生などの将来世代の皆さまに向けた就活イベントを開催しました!

投資家さま向け共創サステナビリティ見学会を開催しました!
投資家の皆さまに丸井グループの共創サステナビリティ経営を理解していただくことを目的に、有楽町マルイで見学会を行いました。

コーヒーのサブスクを展開する「PostCoffee」の世界観を体験!
自分に合ったスペシャルティコーヒーを体験できる「PostCoffee」のポップアップショップを渋谷モディで開催しました。

サステナブルな企業と出会う就活イベント「電力就活」に参加しました!
各社のサステナブルな取り組みや、みんな電力(株)さまの「電力就活」にかける想いなどについて紹介しています!

「PHOEBE BEAUTY UP」ポップアップショップを有楽町マルイで開催しました!
「PHOEBE BEAUTY UP」の世界観を感じられる初のポップアップショップが有楽町マルイで開催されました。

ロスフラワーを使用したオブジェがマルイ・モディ各店に登場!
コロナ禍で活躍の場を失った花々に新たな命を吹き込み、オブジェを制作しました。マルイ・モディ各店でぜひご覧ください!

「青春マッチング ―残すべきステージが、ここにある。―」サイトを開設しました!
「コロナ禍の今、思い通りに表現できるステージがない!」一度しかない青春を輝かせたい、そんな皆さまを応援するサイトです!

日比谷音楽祭公式YouTubeチャンネルに丸井グループが登場!
フリーで誰もが参加できる、ボーダーレスな音楽祭「日比谷音楽祭2020」に、協賛企業としてインタビューしていただきました!

ヤマトグループと丸井グループの協業で、ECの商品受取がさらに便利に!
ヤマト運輸さまとの協業で、さまざまなECサイトでの購入商品の受取が、マルイ・モディ店舗でできるようになりました!

D2Cブランドとの共創メディア「5PM Journal」がオープン!
未来のカルチャーの共創メディア「5PM Journal」について、ブランドの声や担当者の想いなどをお伝えします!

オランダNo.1チョコレートメーカー「トニーズ・チョコロンリー」の日本初上陸を支援しています!
「フェアトレード」「スレイブフリー」を掲げるトニーズさまの支援を通して、サステナブルな社会の実現をめざします!

ペットボトルごみの削減をめざすサービス「Q-SUI」を体験してきました!
9月末より実証実験がスタートした給水サービス「Q-SUI」について、加盟店さまや担当者の声も交え、レポートいたします!

駿河屋との共創で実現!丸井グループの物流網と店舗を活用した新サービス
「駿河屋.jp」を運営する(株)エーツーさまとの協業により、マルイ店舗での買取商品受付・受取サービスがスタートしました!

「青空メルカリ体験」を新宿マルイ 本館にて開催しました!
フリマアプリ「メルカリ」を使った出品体験などを通して、親子でお金やモノの価値について学んでいただきました!

お店とネットで!人気パンが大集合「パンフェスティバル」開催中
北千住マルイで11月17日(火)まで開催中!全国各地の人気パンをお店とネットの両方でお楽しみいただけます。

【将来世代との対話】Z世代会議を実施しました!
グループ公認イニシアティブ「共働き2.0」の活動として、将来世代の皆さんのお話を聞く「Z世代会議」を開催しました。

丸井グループは九州レインボープライドに参画しています!
丸井グループもブース出展している九州レインボープライドが、11月7・8日にオンラインで開催されます。

【予告】「Marui Co-Creation Pitch 2021」 開催のお知らせ
オープンイノベーションの新たな取り組みとして、スタートアップ向けのピッチイベントをサムライインキュベートとともに開催!

将来世代とのオープンイノベーションによる新規事業創出の取り組みをスタート!
大学生・大学院生から参加者を募り、丸井グループ社員とともにチームを組んで新規事業を創出するプログラムを開催します!

施設の予約・順番受付サイトを運営するEPARKとの協業が拡大中!
予約・順番受付サイトなどを運営する(株)EPARKとの協業として、店舗やエポスカードでの取り組みが進んでいます!

再生可能エネルギー100%で暮らす「みんなで再エネ」プロジェクト
エポスカードとみんな電力が、消費電力を再生可能エネルギーに簡単に切り替えられるサービスを開始しました。

新会社「D2C&Co.」のWebサイトをアップデート
D2Cのエコシステムを支援する丸井グループの新会社「D2C&Co.」のサイトが、D2Cの皆さまの声をもとに進化しました!

小泉環境大臣との意見交換会で新サービスをご紹介しました!
当社代表の青井がみんな電力 大石社長と、小泉大臣との意見交換会に参加。CO₂削減をめざす新サービスをご紹介しました。

体験型店舗「b8ta」が新宿マルイ 本館にオープン!
新宿マルイ 本館に、シリコンバレー発の体験型店舗「b8ta」がオープン!店内の特徴や、記者発表の様子をお伝えします。

落合 陽一氏の個展が渋谷モディにて開催中!
落合 陽一氏の個展が渋谷モディで開催中!さらに落合氏の番組「WEEKLY OCHIAI」に当社代表の青井が参加しました。

お取引先さまとの共創により、運営受託ショップが広がっています
お取引先さまのリアル店舗出店をサポートする丸井の「運営受託」により、新たなショップの導入が進んでいます。

ミライロ初のリアル店舗「ミライロハウス TOKYO」をご紹介します!
ミライロ初のリアル店舗がオープン!「ようこそ、みんなが心地いい未来へ。」というコンセプトの具現化をめざします。

メルカリ初の旗艦店「メルカリステーション」が新宿マルイ 本館にプレオープン!
フリマアプリ「メルカリ」を“体験しながら学べる”リアル店舗がマルイに登場!丸井グループ社員が運営を受託しています。

BASE株式会社との協業を通して、お取引先さまのネットショップ開設を支援
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるお取引先さまに向けた、BASE(株)との協業の取り組みをご紹介します。

再生可能エネルギーの電力を供給する小売電気事業をスタート
「RE100」に加盟する丸井グループ。再生可能エネルギーの持続的な導入に向けた取り組みが進んでいます!

『多数欠』アニメ化プロジェクトを丸井グループが後援
クラウドファンディングでアニメ化をめざす人気マンガ『多数欠』。目標額達成に向け、丸井グループも後援しています!

メルカリとの共創を通じて「売らない店」の拡大をめざす
「売らない店」を標榜する丸井が、なぜメルカリと業務提携したのか?その理由をお伝えします。

D2Cのエコシステム構築をめざし、新会社「D2C&Co.」が始動
D2Cエコシステムの発展をめざして設立した新会社「D2C&Co.」の記者発表会の様子をご紹介します。

おすすめ記事